医師開業コツ・医療法人設立のポイント - FPサービス株式会社

法人 の 設立

医師開業コツ・医療法人設立のポイント - FPサービス株式会社

詳細について 法人 の 設立



株式会社設立登記(オンライン申請対応)

ご用意いただければ、あとは司法書士が

他の株式会社設立登記の必要書類はもちろん、会社の印鑑もこちらでご用意いたします。

また、当事務所では、登記が完了した後も履歴事項全部証明書(登記簿謄本)や印鑑証明書の取得を代行し、ご希望の方法でお届けするサービスをしております。

なお、個人事業主として始めるか株式会社を設立(法人化)するかで迷っている方は、こちらの法人と個人を比較したページをご覧いただくか、起業家交流会(起業家と士業の交流会)などをご活用ください。 個別のご相談も承ります。

司法書士は、書類作成から法務局への登記申請まで、合同会社設立登記に関する全ての手続きの代行ができます。 低価格で書類だけ作成し、お客さまご自身が申請したり、顧問契約が条件で設立費用無料とする他士業とは違います。

株式会社設立登記のスケジュール

株式会社の設立登記をする場合には、次のような流れでお手続きいたします。

  お客さまにしていただくこと   当事務所がすること

  印刷用(PDF) 株式会社設立スケジュール(ファイルサイズ:63.6KB)

打ち合わせでは、株式会社設立相談シート.doc を使います。

発起人となる方、役員となる方の印鑑証明書を各1通ご用意ください。 ? 誰の印鑑証明書を何通提出すればいいのでしょうか

会社設立後の手続きに不安のある方には、税理士、社会保険労務士をご紹介いたします。 

 ■ 開業時に申請が必要な業種(メルマガ:起業のコツ抜粋)

   定款のサンプル(もっともシンプルな株式会社)

 印刷用(PDF) 株式会社設立スケジュール

  こんな驚きの事業目的がありました(ブログ)

類似商号の調査は不要ですが、同一場所・同一商号の登記が禁止されていますので、その調査をします。

 ■ 商号の調査  ■ 社名は‘発音’にも注意しましょう 

代表印・銀行印・角印の3点セットは当事務所でご用意いたします。 設立登記費用には印鑑作成費用も含まれております。 ご自身でご用意されるなど、ご不要な場合にはご相談ください。 実費を登記費用から差し引きます。

写真と形状が違う場合もあります。 

  <チェックポイント>  ■ 会社の印鑑を作る前に  ■ 会社の印鑑をつくる  ■ その他の会社の印鑑   

電子定款を作成しますので、印紙税4万円は不要です(紙の定款を作成すると別途印紙税4万円かかります) 。

  <チェックポイント>  ■ 公証人による定款認証の要否  ■ 後日、紙の定款の再発行を受けたい場合 

発起人の個人口座に資本金を振り込みます(会社の口座はこの時点では存在しません。個人口座に振り込みます。) 。

  <チェックポイント>  ■ 資本金の払い込みの方法について  ■ 資本金を口座に準備する際の注意点  ? 口座に入金された資本金(払込金)は使っていいの?   

5.の通帳のコピーをご用意ください。 それ以外の書類はこちらでご用意いたします。 申請する日の前日までに登録免許税その他の費用を当事務所の口座にお振込みください。

 <チェックポイント>  ■ 書類にはシャチハタ印は使用しないでください

法務局に申請した、その日が会社の設立日です。

→ 仏滅に会社設立するのを避けたいお客様に    【参考】いつ取引、登記をするか(六曜の吉凶)

登記の申請から1週間~10日程度で登記が完了します。 履歴事項全部証明書(登記簿謄本)、印鑑カード、印鑑証明書をお渡しします。

  <チェックポイント>  ■ 法人口座の作り方

 印刷用(PDF) 株式会社設立スケジュール

  印鑑カードを紛失した場合   

9.ご要望があれば税理士、社会保険労務士をご紹介します。

Source: http://www.sihoshosi24.com/a1335.html



法人設立の流れ設立までの全体図をイメージしましょう!

法人(会社)には代表的なものとして『株式会社』『合同会社(LLC)』『有限責任事業組合(LLP)』『NPO法人』などの種類があります。その中でも最も代表的な法人(会社)でもある『株式会社』の設立までの流れを簡単に説明しておきます。大体の流れを把握しておくだけで専門家への相談も、また専門家からの質問もスムーズに流れていくことでしょう。

株式会社設立の流れ

株式会社は日本の法人(会社)という分野でも最も代表的な法人の種類だと言えるでしょう。その代表格でもある株式会社の設立には『発起設立』と『募集設立』の2通りあります。しかし、ここでは一般的な方、『発起設立』の流れをご紹介しておきます。

株式会社を設立するにあたっての関係事項の整理と準備を行います。会社名や事業内容、取締役、資本金、所在地等を決めていきます。

設立する会社の商号・目的・所在地が決まったら法務局などで類似商号がないかの確認をします。ここでは株式会社の設立について述べていますので、商号中には『株式会社』という文言を必ず入れましょう。

定款とは会社などの法人の目的・組織・活動・構成員・業務執行などについての基本規則を記した書面・記録です。定款は必ず作成して公証人から認証を受けなければなりません。

定款で決めた資本金を出資者の名義で振込みにて払い込みます。振込みを終えたら通帳の表紙と1ページ目、振込みを行ったページをコピーします。払込証明書を作成し通帳のコピーをまとめ継ぎ目に会社代表印を押印しましょう。

発起設立の場合は、発起人会で取締役や監査役を決定します。なお、監査役に関しては任意に設置できます。

本店所在地を所轄する登記所法務局で法人設立登記を申請します。必要な書類は以下の通りとなっております。

登記申請書 定款 株式の引受を証する書面 通帳の残高の写し 取締役及び監査役の選任を証する書面 取締役・監査役の調査報告書 取締役会議事録 取締役・監査役の就任承諾を証する書面 代表取締役の就任承諾を証する書面 代表取締役の印鑑証明書 登録免許税納付用台紙 登記と同一用紙 印鑑届書 印鑑紙

法人設立登記の完了で、会社が成立したことになります。

法人・会社設立ガイドメニュー会社・法人を設立するメリット所得が多ければ節税の為に法人化がおすすめ!

個人事業主で所得が500万〜1000万円以上あるのであれば法人を設立した方が、税率を低くすることができ、結果的に節税となります。個人の所得税は累進課税といって租税を賦課する課税対象、つまり「課税標準」と呼ばれる額が増えるほどより高い税率を課す課税方式が採用されています。したがって、所得の多い方は住民税と合せて最高50%まで税率が上がりますが、法人税は税率が原則として一律30%なので事業税と合せても約40%程度の課税で済むこととなり所得税対策となります。

個人事業主の場合、事業に於ける責任(債務など)が無限ですが、株式会社など法人を設立した場合、経営者や出資者(発起人・株式会社の場合の株主)は出資の分だけ責任を負う有限責任となり、個人で所有している財産を債務の履行に充てるという事態を免れることができます。

法人を設立するメリットで税金対策の次によく耳にするのがこの「社会的信用の向上」です。法人を設立するとこれまで個人事業主だったころは借りることが出来なかった金融機関から融資を受けることが可能になったり、事務所や店舗などの拠点を借りることが用意になったり、最大のメリットはこれまで取引できなかった企業とも取引が始まったりする場合もあります。

会社設立に必ず必要なもの開業に必要不可欠な存在・・・それが印鑑です!

法人登記をする際に必ず必要となるものが会社印です。この法人印は最寄の印鑑屋さんで手に入るものですが、路面店で販売されている法人印は種類も少ない上に値段が数万円と高価です。インターネットが普及している今日においては法人印も通販で購入した方が良い素材のものが安価で購入できるので、会社設立を専門としている法律家のホームページの中には印鑑の通販ができるようになっているものまであります。その種類は路面店より品数が豊富で且つ独自のルート(コネクション)による販売となっているのでかなり安いものまで揃っています。

当サイトでも、独立開業を志す方のサポートを様々な方面で行うことができるよう、法人印を販売しているサイトをピックアップしておきます。ピックアップするサイトは『種類が豊富』且つ『低価格』なサイトです。せっかく法人を立ち上げるので印鑑の素材にもこだわりたいという方から取り急ぎ安いのでカタチだけ揃えたいという方まで、どんなニーズにも対応できると予想したサイトをピックアップしておきますので、是非ご活用下さい。

Source: http://seturitu.inkanyasan.net/flow.html

Leave a Replay

Submit Message