法人成り手続きは、税務中心で、「個人事業の会社化」手順が8ステップ

法人 設立 登記 必要 書類

鴨宮パートナーズに依頼するメリットは?

 相続登記で必要な書類は、印鑑証明書を除き、全て当法人にてお客様に代わり取得致します。 相続登記は、登記手続きの中でも特に必要な書類が多く、その全てを揃えるだけでも時間がかかり、また昔の様式の戸籍は、一般の方にとって、読むだけで一苦労です。 当法人にご依頼頂ければ、こうした時間や手間を省き、親切丁寧にご対応させて頂きます。

戸籍を確認し、相続人が確定したら、遺産分割協議書を作成します。 遺産分割協議書は、各遺産を誰が相続するのかを相続人間で協議し、その内容を後々のために書面にしたものです。 民法で規定されているとおりの割合で相続登記する場合は、作成しないこともあります。

3.登記申請書等の作成と法務局への申請

法定相続分、または、遺産分割協議書の内容に従って、申請手続きをします。

自分で申請書を作っても間違いがあれば、わざわざ法務局まで行って訂正しなければならない場合もあります。 また登記に必要な税額の計算も行いますが、私道持分が含まれる場合やマンションの場合等で複雑なケースもあります。 当法人では、皆様が安心してお任せいただける、経験豊かな司法書士が対応させていただきます。

また、当法人ではオンラインにて登記を申請するので、オンライン申請による減税を受けることができます。

Source: http://www.kamomiya-partners.com/sozoku/002.html



動画を見ます 法人 設立 登記 必要 書類

法人成り手続きは、税務中心で、「個人事業の会社化」手順が8ステップ

詳細について 法人 設立 登記 必要 書類

NPO法人設立登記に必要な書類

NPO法人の設立申請書類が所轄庁に受理されると、約4ヶ月の認証期間を経て、都道府県知事又は内閣総理大臣から設立認証書が交付されます。

NPO法人設立認証書交付日後、2週間以内に主たる事務所の所在地を管轄する法務局に設立登記申請を行わなければなりません。

各法務局・地方法務局の取扱事務、管轄一覧はこちら

NPO法人は登記して初めて「法人」として成立します(法人設立日は、登記日=設立登記申請日)。

上記の申請書類を入手、作成し、法人の代表者印(法人実印)については認証期間中に準備をしておきましょう。

法人設立(設立登記)後の各種届出NPO法人設立後、所轄庁に提出する書類NPO法人設立後、都道府県税事務所に提出する書類NPO法人設立後、市町村役場に提出する書類NPO法人設立後、税務署(収益事業を開始及び給与を支払う場合)に提出する書類NPO法人設立後、労働基準監督署(有給職員を雇用したとき)に提出する書類NPO法人設立後、公共職業安定所(有給職員を雇用したとき)に提出する書類NPO法人設立後、社会保険事務所(有給職員を雇用したとき)に提出する書類

Source: http://www.npo-with.net/toukisinsei.html

Leave a Replay

Submit Message