民法02_08 一般社団法人・一般財団法人の設立 | 小泉司法書士予備校

社団 法人 作り方

せっかく受験に受かっても、雇用が少なく、 即独立の多い行政書士。

行政書士会の研修などはあるものの、 大人数のためどうしても一般論に終始しがち、 さらに現役バリバリの専門の先生が話すことは少ないのが現状。

しかし、 初めてだからできませんでは いつまでたってもできません。

でも、 経験不足や知識不足で お客様に不利益を与えるわけには絶対にいけません。

行政書士の実務レベルを上げることが、 行政書士自体の底上げになり、 さらにはご依頼者の方の利益になる。

そんな想いから始めたのが 【行政書士実務セミナー】

今回は一般社団法人・NPO法人設立業務です。 講師は僭越ですが自分が勤めさせていただきます。

当事務所は開業以来 産業廃棄物や古物商といった環境ビジネス支援を中心に お手伝いさせていただきました。

そうすると この事業を行っていくのに最も適した法人はどれか このことをまずは考えるべきだということを お話しさせていただくことが増えていきました。

特に最近では社会起業という言葉がよく聞かれるようになり、 社会の諸問題を解決しつつ ビジネスとして継続してやっていこうという方も増えています。

こうした際に、 株式会社や合同会社といった営利法人 一般社団法人やNPO法人などの非営利法人 これらについてのメリットデメリットを押さえた上で、 お客様の事業内容や計画をヒアリングして 最適な形態を提案する

そのことが非常に大事なのだと感じております。

これまでに100件以上の設立に関わらせていただき、 自分自身も現在公益認定申請中の一般社団法人の監事をつとめたり NPO法人や一般社団法人の理事も兼任しています。

また、行政書士の学校も 行政書士の地位向上、業界の底上げという 公益目的を追求すべく一般社団法人化しています。

実際にそうした現場で学んだことや業務を行う上での注意点 業務の流れなどを包括的に今回お話しさせていただきます。

更には今回は最近非常に問い合わせの多い 【協会ビジネス】についてもお話させていただきます。

協会の立ち上げ方や運営方法など 自分が関わらせていただいた中で 実際に得てきた知識と経験をお伝えさせていただきます。

他士業との連携やその作り方 実務の裏話や失敗談も交え 実践的な内容でお話しさせていただきます。

また、今回はNPOの会計について 安田先生にも講師をつとめていただきます。

※時間の関係上、公益認定や詳細な税制については 省略させていただきます。

今後大注目の社会起業支援業務 この機会にしっかりと学びませんか?

http://www.syadan-npo.com/

1978(昭和53)年栃木県生まれ 立教大学法学部卒業

2008年行政書士石下貴大事務所を開業 2010年一般社団法人日刊スゴい人監事就任 2013年一般社団法人行政書士の学校代表理事就任 2014年一般社団法人行奏舎代表理事就任

産業廃棄物や古物商など環境ビジネス支援をしていく中で 株式会社以外に非営利法人設立も含めて起業支援する必要を感じ 社会起業支援に積極的に関与する。

図解でわかるNPO法人・一般社団法人 いちばん最初に読む本/アニモ出版

メディア情報 HP:http://www.ginza-ishige.com/ ブログ:http://ameblo.jp/fc-ishige/ フェイスブック:http://www.facebook.com/ginza.ishige

Source: http://www.gyo-gaku.com/syadan2014/



動画を見ます 社団 法人 作り方

民法02_08 一般社団法人・一般財団法人の設立 | 小泉司法書士予備校

詳細について 社団 法人 作り方

当サイトにご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

一般社団法人という法人格は、制度ができて間もないということもあって、設立に必要な書類は一般の方にはなじみの薄いものが多いです。株式会社などのように自分で作成できる類のものではありません。後述しますが、安易な設立はお勧めできません。

一般社団法人の設立手続きにあたっては、次の事項について慎重に検討しながら手続きを進めていく必要があります。

これら検討事項をどうするかによって、必要書類の種類・量・難易度や、設立手続きの進め方も当然に変わってきます。

更に一般社団法人の設立に際しては税制面にも気を付けなければなりません。一般社団法人には税制上、2種類の法人形態あります。

非営利法人型一般社団法人(収益事業にのみ課税) 普通法人型一般社団法人(普通法人とほぼ同様の課税)

詳細は当サイトのお役立ちコンテンツを参考いただければと思いますが(※非営利型法人についての詳細はこちら → 一般社団法人の税制)、非営利法人型一般社団法人を作る場合はより慎重な設立手続きが必要になります。

非営利型一般社団法人の税制優遇を受けるには、「定款」にその要件を盛りこまなければなりません。

定款はいわば一般社団法人の「憲法」のようなものです。

法人の憲法とも言える定款を専門家に依頼せずに杜撰に作成してしまったばかりに、「設立後すぐに運営に支障をきたした・・・」「設立後すぐに変更手続きが必要になった・・・」といったことも、充分に起こり得ます。

一般社団法人の設立においては、団体の活動・実態に見合った書類を「いかに作成するか」が最大のポイントです。

設立後の法人運営を円滑に行うためにも、設立時から我々専門家のご活用をお勧めいたします。

私どもは、新公益法人制度がスタートしてから、いち早く一般社団法人の設立に携わっており、実績も多数ございます。社員1,000名規模の医療系学会や教育関係団体の一般社団法人成りも行っています。

まずはお気軽にご相談下さいませ。弊所スタッフが親切、丁寧に対応いたします。 サービスの詳細はこちら / 事務所概要はこちら

「少しでも費用を抑えて一般社団・財団法人を設立したい!」

とお考えの方は、詳細マニュアル付きの穴埋め式書式集(キット)をお勧めいたします。一般社団・財団法人設立キット(書式集)には『手続き解説書』をお付けしておりますので、どのような方でも、ごく簡単に設立に必要な書類を作成いただけます。

書式を埋めていくだけ完璧な書類が出来上がり、作業も簡単に終わります。 あなた様の費やす手間・費用・労力を最小限に抑えられます。

これまで一般の方200名以上がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。どうぞご安心ください。(制作者:モヨリック行政書士合同事務所・行政書士法人ウィズネス)

社団設立キットはこちら:自分で出来る!一般社団法人設立キット【29,800円】 財団設立キットはこちら:自分で出来る!一般財団法人設立キット【29,800円】

Source: http://www.koueki-houjin.net/

Leave a Replay

Submit Message