相続税節税で法人設立 資本金0でも出来る(岐阜市・全国対応)相続博士®No.976

法人 設立 資本 金

相続税節税で法人設立 資本金0でも出来る(岐阜市・全国対応)相続博士®No.976

詳細について 法人 設立 資本 金



香港法人の設立の手続

香港の会社を設立するには「新会社を登記する方法」と「シェルフカンパニーを購入する方法」の2通りの方法があります。

新会社を設立する場合はまず前者の場合は、英文字で社名の最後が(Ltd. / Co., Ltd.) 等となる会社名を考えます。

類似商号がないかどうか調べて、同名の会社がなければ会社の登記手続きをします。手続きのかかる時間は10日間程度です。>>>類似商号の調査(無料)

また、香港法人は漢字の会社名も定めることができます。その場合の会社名は最後が「有限公司」となり、これは日本で言う株式会社と同じ意味です。英文の会社名と漢字の会社名は必ずしも意味が一致する必要はありません。

2.シェルフカンパニーを購入する方法

シェルフカンパニーとは特に会社の設立を簡単にすばやく行いたい人のために、司法書士事務所や会計事務所があらかじめ設立してある会社を買う方法です。そのため会社名は、すでに登記済みの会社のリストから選ぶことになります。手続きが簡素化されるため、すぐに会社を持てる利点があります。

シェルフカンパニーは通常、払込資本金がHK、授権資本金がHK,000に設定されているものが多く、購入後に増資の手続きを行うことになります。

第一回取締役会

会社設立後、第一回取締役会を開催し、以下のことを決定する必要があります。

授権資本金の範囲内で払込資本金を決定し、株主に対して株式を割当てます。株主は、会社・未成年者を含む誰でもなれます。名義株主(ノミニー)を登記することも可能です。

会社の取締役(役員)を任命します。

3.会社秘書役(Company Secretary)の選任

会社秘書役は、会社の法定書類が適法か確認し、保管する役目を負います。一種の会社の機関として選任する必要があります。

会社の法人銀行口座を開設し、決算日を決定します。最初の決算日は設立日より18ヶ月以内となっています。

5.事業登記の申請(税務局に申請)

内国歳入国( Inland Revenue Department : IRD )の事業登記所に事業登記を申請します。申請後10日前後で事業登記証明書 ( Business Registration Certificate : B/R ) が発行されます。証明書の有効期限は1年間で、一年ごとに更新が必要になります。

Source: http://www.backstaff.net/



会社設立に最低限必要な費用会社を設立するのに際して、必ず発生する費用のご紹介です。必要書類1. 定款認証代・印紙代(公証人手数料、印紙代、謄本代)

株式会社の場合、公証人の手数料として5万円、謄本代として1冊1,000円程度(2冊で2,000円程度)、印紙代4万円の 計9万2,000円が必要となります。 しかし、電子認証の場合は、印紙代が発生しないため合計5万2,000円で済みます。

※謄本は通常、登記申請用・保管用の合計2冊必要になります。

合同会社の場合、株式会社と異なり、公証人の手数料、謄本代は不要で、印紙代4万円だけが必要となります。 しかし、電子認証の場合は、印紙代も発生しないため、費用自体発生しません。

2. 登録免許税

株式会社の場合は印紙代として15万円が必要となりますが、 資本金の1,000分の7の金額が上記金額を上回る場合、その金額が必要となります。

合同会社の場合は6万円が必要となりますが、 資本金の1,000分の7の金額が上記金額を上回る場合、その金額が必要となります。

3. 登記簿謄本代、印鑑証明書代

契約締結時や銀行口座開設時に必要となることがあります。 登記簿謄本代1通600円、印鑑証明書代1通450円の登記印紙が 必要となります。会社設立後に、必要に応じて法務局へ請求します。

4. 行政書士・司法書士への報酬

ご自身で行う場合は当然不要です。具体的な額は事務所により千差万別ですので、各ホームページ等でご確認ください。

ただし、行政書士単独の事務所にご依頼の場合、行政書士は登記申請を代理することはできませんので、業務は定款作成・認証、 必要書類の一部の作成に留まります。 また、税理士事務所は会社設立手続の代行は法律上認められていません。ご注意下さい。

その点、当サービスは司法書士・行政書士・社会保険労務士・税理士がそれぞれの職域に従い共同してすべての手続を 一括して承りますのでご安心下さい。

最低限発生する費用株式会社設立に発生する実費

※司法書士・行政書士の報酬を抜いた金額での比較になります。

合同会社設立に発生する実費

※司法書士・行政書士の報酬を抜いた金額での比較になります。

関連サービス

>> 株式会社設立 >> 合同会社設立

起業の基礎知識

>> なぜ会社とすべきか >> 会社の種類の選択 >> 会社設立までの手続の流れ >> 最低限必要な費用 >> 会社設立後の手続 >> 許認可が必要となる主な業種 >> 会社の主な税金 >> 特許と商標の基礎 >> 起業時の資金調達 >> キャッシュフローの重要性 >> 事業計画とは >> 人を雇用したときの手続

Source: http://www.btob-expert.net/company_knowledge/cost/

Leave a Replay

Submit Message