法人成り費用は①電子定款認証代5.2万,②KK設立登記印紙代15万(LLC6万)

法人 登記 費用

法人成り費用は①電子定款認証代5.2万,②KK設立登記印紙代15万(LLC6万)

詳細について 法人 登記 費用



不動産登記費用の相場について教えてください

さいたま市内の土地を購入しマイホームを新築中の田中と申します。

   不動産登記費用について教えてください。

   100㎡ほどの土地を現金で購入する際は、仲介業者が紹介してくれた司法書士に依頼しました。

   その時は、慌ただしく不動産登記の費用について調べる余裕がなく何もわからないまま

   不動産登記費用には明細がありませんでした。

   なぜ25万円もするの?そんな疑問を持ちました。

   先日、ハウスメーカーの担当者から、建物が完成したら登記を行いますので、

   不動産の登記費用として30万円を用意してくださいと話がありました。

   土地購入の時のようにならないように明細のある見積書を入手しました。

   ハウスメーカーの指定の司法書士や土地家屋調査士は高いと聞きます。

   いいなりになると損をすると思い、不動産の登記費用が相場と比べて適当なのかと知りたいです。

   この不動産登記の見積もりは高いのでしょうか、それとも安いのでしょうか。

   木造の2階建ての100㎡くらいの建物です。

   住宅ローンの借入額は2,500万円です。

   お手数ですがよろしくお願いします。

    ■田中さんが依頼したハウスメーカー指定の土地家屋調査士と司法書士の見積書

ハウスメーカー指定の司法書士や土地家屋調査士、

■書籍『自分で登記をする会』を企画・監修した河戸氏の事務所の不動産登記費用

     →   登記費用 .com

自分で登記をすることについてよくある質問集

Q 登記は自分で行うのが原則 Q 自分で登記をして、もし出来なかった�

Source: http://www.jibundetouki.com/shitumon/jibunde014.html



下列資料供尚未申請法人之團體參考。

非自然人,而得為權利義務的主體者稱法人。法人有社團法人與財團法人之區分,前者是人的結合,後者是財產的結合。

所謂登記,就是將應該公示的事項,記載於登記薄,以備公眾閱覽。法人非經向主管機關登記,不得成立,法人登記後,有應登記之事項,而不登記,或己登記之事項有變更而不為變更之登記者,不得以其事項對抗第三人。(民法第三十三一條)

民法總則施行法第十條:「依民法總則規定法人之登記,其主管機關為該法人事務所所在地之法院。」

財團法人應依法向主事務所所在地方法院辦理法人登記。其登記類別分為:

(一)設立登記。 (二)變更登記。 (三)解散登記。 (四)清算人任免或變更登記。 (五)清算終結登記。

(一)申請人:應由全體董事申請,不得逕行以財團法人名義申請。 (二)申請費用:應繳申請費新台幣一百三十五元及二十一元郵票三張

前述3至11款文件應先向法人目的事業主管機關申請核備,並經該主管機關以公函准予備查或於前述各該文件上加蓋關防以代替准予備查公函。

(一)申請人:應由現任董事半數以上申請。 (二)申請費用:應繳申請費一百二十六元及二十一元郵票三張。 (三)申請辦理財產變更應檢附之文件如左:

(四)申請辦理董(監)事等變更應檢附之文件:

(五)修訂財團法人捐助章程或遺囑,申請法院為必要處分。

(1)申請狀(請以一般司法狀撰寫,並載明財團法人之捐助章程或遺囑有前述應修訂之事由, 及其申請法院為必要處分之意旨)。 (2)研議修訂捐助章程之董事會議紀錄。 (3)主管機關核准之公函。 (4)新、舊捐助章程或遺囑各一份(請註明訂立日期、修訂日期)。 (5)修訂前後條文對照表。 (6)法院所核發之原法人登記證書影本。

(一)申請人:應由清算人申請。 (二)申請費用:應繳申請費一百二十六元及二十一元郵票三張。 (三)應檢附文件:

(一)申請人:應由現任清算人申請。 (二)申請費用:應繳申請費六十三元及二十一元票三張。 (三)申檢附文件:

(一)申請人:應由清算人申請。 (二)申請費用:應繳申請費一百二十六元並附二十一元郵票三張。 (三)應檢附文件:

(一)法人登記,申請人委託代理人者,應附具委任書,由申請人及代理人簽名或蓋章並加蓋法人印信。 (二)法人因合併而成立新法人時應辦理設立登記,其因合併而消滅者,應辦理解散登記,因合併後而繼續存在者,應辦理變更登記。 (三)法人於登記時,提出於法院之印鑑,如有毀損、遺失或被盜時應刊登當地新聞紙三天,聲明作廢,並取二人之保證書申請更換。 (四)法人已登記之事項,申請人於收受公告副本後,應即將公告自行送往報社錄登,登報費用由申請人負責逕交報社,並應於錄登後將所登報紙一份迅送登記處憑核。 (五)法人已登記之事項,經公告七日後,聲申請人(或其受任人)應攜同業己登記存案之印鑑(即圖記),前來登記處辦理法人印鑑存證(即在法人登記鑑簿上當埸加蓋存證之印鑑)手續及領取法人登記證書。 (六)法人登記證書,應懸掛於主事務所顯明之處所,如有毀損、遺失或被時,應即刊登當地新聞紙一日聲明作廢,並取具刊登之新聞紙一份向法院申請補發。 (七)本文僅供參考,法人登記申請有關規定事項仍須依各該受理登記之地方法院「辦理法人登記須知」辦理。

‹ 關於法人登記 - 社團法人登記上一層微軟捐贈計畫指南 ›

Source: https://techsoup-taiwan.org.tw/node/881

Leave a Replay

Submit Message