<違法派遣>岩手の復旧工事で横行か

派遣 会社 設立

資本金っていくらにした方がいい?★会社設立時に悩みますよね

詳細について 派遣 会社 設立



会社設立と許認可申請がセットになった お得なプランをご用意。 営業許可が必要な業種のお客様向けのお得なパックサービスです。会社設立と同時に許可申請手続きのご依頼をいただくと、会社設立のお客様限定料金にて、営業許可の専門家である行政書士が申請手続きを代行いたします。

会社設立+介護事業者指定申請パック

会社設立と介護事業者指定申請のお得なパックサービスです。 介護事業者の指定を受けるためには、法人格を有することが必須条件です。また法人の事業目的に介護関係の文言が入っていないと、申請が受理されません。法改正も多く、将来的に他の事業を行う可能性がある場合は、それらの事業を全て定款の事業目的に含めておかなければなりません。 このように複雑で面倒な手続きである介護事業者指定申請を、会社設立・指定申請から、介護事業で使える助成金申請、開設後の社会保険手続きまでを専門家がトータルにサポートいたします。

介護事業立ち上げオプションプラン会社設立+労働者派遣・人材紹介業パック

会社設立と同時に一般労働者派遣事業許可・特定労働者派遣事業届出・有料職業紹介事業許可を取得する方向けのパックサービスです。労働者派遣事業や職業紹介事業の許可を受けるには、資産要件や事業所の要件等を満たす必要があります。

資本金額の設定等で注意しなければならない会社の設立手続をはじめ、手間のかかる労働保険加入手続や社会保険加入手続(許可を取得する際には労働・社会保険に加入している必要があります)、面倒な許可申請など全てを代行させていただくことで、お客様は手続に関わる時間と労力を大幅に削減でき、業務に集中することが可能です。

今後さらに注目される人材紹介業

昨今の日雇派遣問題や偽装請負、派遣切り問題などで、派遣事業の許可要件が益々厳しくなると予測されます。許可を取得するのであれば早めにし、今後より一層注目されるであろう有料職業紹介事業に早めに参入することが必要かもしれません。

当センターでは、新たに会社設立をされる方はもちろん、既存の会社で許可を取りたい、派遣と紹介の両方を取得したいなど、お客様のご要望にあわせてサービスをご提供しております。お気軽にお問合せください。

会社設立+産廃業許可パック

会社設立と同時に産業廃棄物収集運搬業許可を取得する方向けのパックサービスです。産業廃棄物収集運搬業許可を受けるためには、申請書類を作成し、必要な書類を集めて役所へ申請しなければなりません。複数の都道府県にまたがって産業廃棄物収集運搬業を行う場合は、それぞれの役所に申請を行う必要があります。

このパックでは面倒な書類作成、必要書類の収集、役所への申請などを代行させていただくことで、お客様の時間と労力を大幅に軽減し、事業の準備など本業に専念していただけます。

産業廃棄物収集運搬業許可申請の要件

産業廃棄物収集運搬業許可申請の要件は次のようなものがあります。

産業廃棄物収集運搬業許可申請に関する講習会を修了していること 経理的基礎を有していること 収集運搬車両を有していること 事業計画が適切であること 欠格事由に該当しないこと

まずはこれらのポイントについてヒアリングを行い、産業廃棄物収集運搬業許可を受けるための要件を満たしているかチェックいたします。万が一、要件を満たさないということであれば、費用はいただきません。要件を満たしていないのでは・・・という方は、まずは一度お気軽にご相談ください。

会社設立+建設業許可パック

会社設立と同時に建設業許可を取得する方向けのパックサービスです。 会社を設立して建設業許可を取得する場合、事業目的や資本金、役員に誰を入れるかなど、許可取得を視野に入れて会社の設立を進めていかなければなりません。 このサービスでは、許認可及び会社設立の専門家である行政書士が、会社設立から建設業許可取得まで一連の手続きをトータルサポートいたします。

建設業許可の要件

建設業許可を取得するためには、次の5つの要件すべてを満たす必要があります。

経営業務の管理責任者がいること 専任技術者が営業所ごとにいること 請負契約に関して誠実性があること 財産的基礎または金銭的信用を有していること 欠格要件に該当しないこと

これらの要件をクリアするためには、会社設立時から要件を満たすような会社の構成を作っていくことが重要です。当センターでは、事業の承継を見据えた個人事業からの法人成りや、既に会社を設立しており、要件に合うように事業目的変更や役員変更、資本金の増資が必要なお客様のご要望にも対応しております。 また社労士を併設している当センターでは、許可申請の確認書類で必要になる社会保険加入手続きや、建設業事業主及び一人親方の労災保険特別加入も取り扱っております。お気軽にお問合せください。

会社設立+宅建業免許パック

会社設立と同時に宅建業免許を取得する方向けのパックサービスです。 新たに株式会社を設立し、宅建業を営もうと検討している方向けに、株式会社設立から宅建業免許申請まで、専門の行政書士が一括して代行致しますので、お客様は何かと準備が多い宅建業での起業に、安心して集中することが出来ます。

宅建業免許申請のポイント

宅建業免許を取得する際に、押さえておくべきポイントとなるのは

初期投資 専事務所の要件 宅建取引主任者の要件

などが挙げられます。特に資金に関しては店舗にかかる費用、供託金や保証協会に加入する費用、会社設立にかかる費用など・・・ 多くの資金が必要となります。これらを全て自己資金でまかなうというのは大変です。 特に開業当初は想定よりも費用がかかるものですし、資金に余裕があるのとないのでは、経営判断にも大きな差が出てくるでしょう。 このような時に大きな力となってくれるのが、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)などの公的融資と、起業時などに利用できる返済不要の国の助成金制度です。 当センターでは起業時の資金調達・融資サポートや、起業時に使える助成金の申請手続き、免許取得後の各種手続まで、お客様のスムーズな起業をご支援いたします。

会社設立+古物商許可パック

会社設立と同時に古物商許可を取得する方向けのパックサービスです。 個人で古物商をやっていた方が新たに会社設立する場合、あらためて法人として許可を取得する必要があります。また、信用面や取引の拡大のために会社を設立する方や、今、注目を集めている古物商を、会社を設立して始めたいという方は、是非こちらのサービスをご利用ください。

会社設立と同時に古物商許可を取得する方向けのパックサービスです。 個人で古物商をやっていた方が新たに会社設立する場合、あらためて法人として許可を取得する必要があります。また、信用面や取引の拡大のために会社を設立する方や、今、注目を集めている古物商を、会社を設立して始めたいという方は、是非こちらのサービスをご利用ください。

Source: http://www.kaisya-s.com/plan03/



派遣の仕組みや許認可が変わる!労働者派遣法改正の影響を解説

平成27年9月30日に改正派遣法が施行されました。

内閣で決議までにさまざまな審議が重ねられてきましたが最終的に何が変わったのか、事業の運営にどのような影響があるのかをまとめて解説していきます。

1. 派遣法改正の主な影響

派遣法が改正される内容も多岐に渡っています。

そこで事業を運営するにあたって大きく影響を与える主な影響をまとめてみましょう。

主な影響

※1…①を実施した場合に、直接雇用されなかった場合は②~④を実施する ※2…例えば、次の派遣先が見つかるまでの有給の教育訓練、紹介予定派遣など

キャリア形成支援制度とは

既存の一般派遣事業者も新たに一般派遣事業者になる方もキャリア形成支援制度を設けて派遣労働者のキャリアアップ支援をすることが義務化されました。

以前は計画書の作成と事業報告書に簡便な記載で大丈夫でしたが、事業報告書に詳細な記述が必要になりますので、記録や管理方法の見直しが必要となる可能性がございます。 また、キャリア形成支援制度の中で教育訓練計画やキャリ�

Source: https://www.firstep.jp/blog/archives/9091/%E6%B4%BE%E9%81%A3%E6%B3%95%E6%94%B9%E6%AD%A3

Leave a Replay

Submit Message