資本金っていくらにした方がいい?★会社設立時に悩みますよね

起業 設立

資本金っていくらにした方がいい?★会社設立時に悩みますよね

詳細について 起業 設立



起業を成功させるために最も重要なことは何だと思いますか?

私達は500人を超える多くの起業家とお会いしてきました。最近では、IT起業家が多く、女性起業や学生起業、そして退職後の起業も徐々に増えてきています。

その中には、まとまったお金を持ってる人もいれば、全くお金を持っていない人も沢山います。全員がお金を持って起業している訳ではないのです。起業家たちの最も注目するべき共通点は「情熱を持っている」ということなのです。

起業家精神という言葉がありますが、それは勇気を持ってリスクを負うという気概、そして大きな夢やビジョンを持っている人たちを表しています。起業家たちは、世界を変えたいと思っているのです。

だからこそ、私達は起業家の成功を支援したいと心から感じており、多くの情報を提供したいと考えています。(それがこのブログメディア「inqup」の始まりです。)

そこで、今回は起業を成功させるために必要な22のヒントを用意しました。ぜひ参考にしてみてください。

1.一緒に起業するチームが最も重要!

できれば、「起業のためのチーム」を結成しましょう。1人でビジネスを大きくするのは非常に難易度が高くなります。ある調査によると、1人で起業する人は、2人のチームで起業する人たちよりも事業を成功させるのに3.6倍の時間がかかるという結果が出ています。そのため、能力や志を共にできる仲間を見つけることがとても大切なのです。

「起業して成功間違い無しのビジネスチームを作る4つのポイント」で、チーム作りに関して詳しくお伝えしています。参考にして頂けると幸いです。

2.自分のビジネスに対して徹底的に理解すること

偉大な起業家は、自分のビジネスにおいて「最も重要なもの」を見つけ出す能力に長けています。あなたは、重要なものを見つけるために、自分の起業するビジネスをより深く理解している必要があります。例えば、このような項目について深く思考を巡らせましょう。

3.自分たちの作った計画を客観的に評価できること

アイデアが素晴らしいものであっても、それが適切に実行されなければ意味がありません。起業のアイデアを競争に打ち勝つものにするために、以下の角度から客観的評価をしましょう。

起業成功するための事業計画書の書き方:必ず盛り込むべき7つの項目 

4.競合相手を絶対に過小評価しないこと

差別化するためには、相手を知らなければなりません。競合となり得る相手を正しく評価しましょう。自分のサービスにいくら自信があったとしても、競合相手を過小評価してはいけません。主な競合相手をリストアップしましょう。そして、彼らの戦略を想像し、書き出しましょう。販売プロセス、広告戦略、価格、顧客満足度などについて、評価しておくことが重要です。

5.自分のエゴを捨てること

起業家は、必ず誰かに助けてもらう必要があります。必ず大きな壁はあるものですし、苦しい時がやってきます。それを1人で乗り越えるのではなく、助けてもらうのです。そのためには、利己的であってはなりません。起業家精神とエゴは相反するものなのです。社員に対しても、取引先に対しても、相手の利益を常に意識し、エゴを捨てる精神を確立しましょう。

6.全てに一貫した価値基準を持ち行動すること

会社や事業の基盤となるのは、一貫した態度です。それが社員や商品、取引先や顧客に影響を与え、ブランドが構築されるのです。最も影響力のあるブランドは、起業家の一貫性から構築され、顧客はそれを尊重するのです。アップルのスティーブジョブズは、まさにその一貫性からブランドを築きました。一貫した価値基準を持つことを意識しましょう。

7.従業員の価値観や多様性を認めること    

自分と似たような経験や価値観を持った人だけでなく、全く違う背景や能力を持つチームは強くなります。違う価値感や能力を持った人を採用しましょう。異なる価値観がチームに別の何かをもたらします。

8.取締役の質こそ結果を大きく左右する

スタートアップは、経営陣である取締役が最も大きな影響力を持ちます。大企業であれば、役割分担がしっかりとなされているため人的能力に大きく依存することはありませんが、起業したばかりのチームではそうはいきません。取締役を中心とした経営陣の質がそのまま結果に対して大きな影響を与えます。取締役の能力に細心の注意を払いましょう。それが結果を左右します。

9.アイデアを必ずテストをすること

事業計画を立てることよりも重要なのがテストです。あなたの思いついたアイデアが本当に実現可能なのか、小さくテストを実施しましょう。顧客に商品を持っていき、これを買いたいと思うか聞いてみましょう。ある意味、製品の開発は簡単ですが、販売するのは非常に難しいものです。小さなテストがあなたに自信を与えてくれるし、道しるべとなってくれます。

10.資金調達先をいくつも確保しておけること

100社会社があれば、ほぼ全ての会社が「資金に苦しんだ時期があった」と回答します。全ての起業家は、キャッシュフローを重視し、早いタイミングで資金を調達する必要があります。資金調達の全ての可能性とキャッシュフローを良くする手法を把握しておきましょう。

下の2つの記事は私の経験をもとに書かせて頂いたものです。

11.ニーズに答えるか作り出すことに集中できること

事業を維持するためには、2つの方法があります。一つは「クライアントのニーズに答えること」。そしてもう一つは「あなたへの新しいニーズを作り出すこと」です。クライアントのニーズに答えることは、非常に重要です。しかし、大きな可能性を作るためには、 起業家は新しい何かを生み出すという信念を必要とします。 iPodはそれまでに無かった新しいニーズを作り出しました。大きな機会を生み出す事に成功したのです。

12.右腕がいること

最高の仕事をするために最高の人材を採用しましょう。人材の品質に妥協することはありません。なぜなら、最も高い投資が人材だからです。あなたの大事な右腕となる人材を早く見つけることが大切です。

13.キャッシュフローと財務管理を徹底的に行うこと

Source: http://inqup.com/22advices



独立・開業・起業・創業・設立の違いを超わかりやすく説明したい。

こんにちわ起業マンです(`・ω´・)ノ”

僕はこういった起業支援ブログをせっせと毎日書いてるんですけど、

開業とか起業の使い分けがよくわかってないことに気付いたんですね(笑)

文章を書く人間が言葉を知らないのはもう正に青天の霹靂(意味分かってない)

とってもわかりやすく書いてきますので見てって下さい☆

起業マンの日本語勉強会

似てるようで若干違うこれらの言葉。

ちょっとした使い分けが異なるので参考にしてみてください。

使い方

使い方としては、会社を出すなら基本「起業」を使って良さそうです。

使い方

起業が未来系なら創業は過去形として使います。

自立する。一人前になる的な意味がある独立。

国がーとか子供がーって使いますよね!?

使い方

起業の中でも、新しく何かを立ち上げるわけじゃなく、

ずっと今まで働いてた職種で起業する時に使う感じです。

美容師やデザイナーなど、専門職って感じですね。

なので、ニートから起業する時は独立は使いませんね。意味が変わっちゃいますね。

使い方

会社よりは「お店」に使う感じがしますね。

また医者の独立は「開業」を使います。

組織・施設・制度を新たにつくること。

使い方

この場合目に見える物の事に使うことが多いです。

まとめ

Source: http://lets-business.com/knowledge/similar/

Leave a Replay

Submit Message