建設業許可申請に必要な書類と、料金と報酬額について

行政 書士 の 報酬

建設業許可申請に必要な書類と、料金と報酬額について

詳細について 行政 書士 の 報酬



行政書士が業務を行った時に受け取る報酬額から年収の目安を予測してみましょう。 今現在では行政書士会では報酬額を定めてはおらず、あくまで基準値を公開しています。 つまり行政書士の報酬は、各行政書士が自由に決めて営業することができるのです。 基準値に対してどの程度まで報酬を下げてサービスを提供するかが、活況を左右するひとつのポイントになりそうですが、まずは主だった分野の業界の相場を見てみましょう。

※上記はあくまでも平均値です。個人・法人、届け出先によっても金額は変わります。

みなさんはこの報酬相場を見てどう思いましたか? 「風俗業の営業許可を通すだけで20万円になるの!?」、たとえばそんな風に驚いた方もいるかもしれません。 これは士業の世界全体あてはまることですが、実は行政書士の仕事は報酬額が高いのです。 複雑な仕事も何回かやれば慣れていきますから、一日に20~30万円分仕事をこなすことも十分に可能です。

ですから、お休み週1~2日程度で、忙しく働いている行政書士さんが食べていかれないことなどありません。 開業間もないころは仕方がないとしても、仕事の依頼がコンスタントに舞い込むようになれば生活は必ず成り立ちますから、安心してください。

肝心なのは、どのように仕事を組み立てたら継続的な仕事の依頼が入る行政書士になれるか、その対策を考えてみることでしょう。

たとえば介護保険施設や宗教法人の設立の仕事なら、たとえ1ヶ月の仕事がそれ1件だけでも生活は成り立つように思えますが、そのような種類の仕事が毎月継続してあるとはとても思えません。

しかし単価3万円の契約書の作成を1日1件見込める事務所にできれば、月の稼働日が20日として、それだけで月に60万円の収入が可能になります。 それと併せて、ニーズの多い内容証明郵便の作成の仕事もこなしていければ、月の売り上げはすぐに100万円に近づくでしょう。

次項では、独立開業の時点でポイントとなる、専門分野の見極めについてお話ししていきます。

Source: http://www.falken2.jp/housyu.html



ちょっと心配だけど、専門家に相談するようなことだろうか?「転ばぬ先の杖」。念のため、専門家に確認しておきましょう。専門家に相談すると、費用が高いのではないか?安売りはしませんが、この時代に、そんなに高価なはずがありません。相続手続きなどの事務代行

遺産の分け方について、相続人の間で特に意見の不一致などがなければ、

などは、難しくはないことがほとんどですから、ご自分でなさる方も多いようです。しかし、時間と労力はかなりかかりますので、川崎市中原区の彩行政書士事務所が代行できます。

無料相談

行政書士は、「一般法律専門職」と言われ、広い範囲を扱う専門家です。ただし、税理士しか扱ってはいけない範囲、司法書士しかできない、弁護士しかできない、というような取り扱い事項があります。そのため、まず相談者の問題が行政書士業務かどうかを判断する必要があります。そのため無料相談を設けています。

また、「ほんの些細な質問なので、そのくらいは社会貢献・サービスでお答えしましょう」、という範囲があります。この判断は行政書士によってさまざまです。川崎市中原区の彩行政書士事務所では、

は無料相談としています。ただ、ご本人にとっては、「可能・不可能」、「イエス・ノー」で、ひとことで教えてもらえると思えるようなことでも、背景が重要だったり、法律の基礎知識がないと説明しにくかったり、個別具体的なことになると、簡単にはお答えできないことがあります。これは無料で教えたくないのではなく、じっくりと取り組まないと方向を誤る可能性があるから慎重にしているので、ご理解ください。

また、無料相談によって、お互いに信頼できるかどうかを知る機会となればよいと考えています。

外出中には携帯電話に転送されるようにして、なるべくいつでも応対できる態勢としていますが、外出中には簡単にお答えし、改めてお話をうかがうこともあります。 そのかわり、電話は時間外でもいつでもご利用ください。(24時間いつでも対応できるとは限りませんが、できるだけ対応いたします。)

初めに電話・メールで簡単な無料相談とし、その後はご予約の上、面談とさせていただいています。土曜日・日曜日、仕事帰りの夜間でも、面談可能です。

一般法律専門職である国家資格者ですし、そもそも強引な勧誘をするような業務内容ではありません。守秘義務もあります。安心してご連絡ください。

有料相談

「行政書士」という名称のせいか、長い間、行政書士業務をご理解いただけませんでした。今でも、十分にご理解いただけているとは思いませんが、「行政」とは無関係の業務も多いことがかなり知られてきたと思います。

「川崎市中原区 武蔵小杉の彩行政書士事務所」では、どちらかといえば遺言書・相続手続き・個人的な権利義務に関する業務が専門です。

等を総合的に考えなければならない業務があります。単に、「法に則って」とか「法定相続どおり」にというのならそれほど難しくはないと思います。しかし、現実には「法」の問題というより「心」・「人間関係」の問題が重要なようです。 そうなりますと、時間も判断も必要ですので有料相談となります。     

行政書士の報酬とは

職業には「業務上の責任」があります。行政書士は自分の判断だけで遺産分割協議書・内容証明郵便・示談書・契約書・念書などを書くことはありません。遺言書原案・財産調査書・遺産分割協議書・合意書・相続関係説明図・念書などは、依頼人の「これまでの事情」をうかがい、「将来への影響」についても相談しながら作成しています。 特に、権利・義務に関する書面は、紙に文字を書くだけの業務ではないことをご理解ください。万一に備えて、行政書士専用の損害賠償保険にも加入しています。(保険に加入していない行政書士もいます。)

業務受任に際して、着手金のようなものはありませんが、印紙代・申請費用・事務費用など,あらかじめいくらかの金額をお預かりして、正式受任としています。

報酬額の例

報酬額の基本料金は以下の通りです。

お話をする中で、依頼業務と異なることに話が及ぶこともありますが、それによって相談料が加算されることは通常はありません。常識と信頼の範囲で安心してご相談ください。

Source: http://www.sai-gyousei.com/index.php?%E6%96%99%E9%87%91%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

Leave a Replay

Submit Message