会社設立・法人化(法人成り)による節税メリット~給与所得控除~【東京都港区の税理士が解説】

法人 成り

会社設立・法人化(法人成り)による節税メリット~給与所得控除~【東京都港区の税理士が解説】

詳細について 法人 成り



個人事業主として順調に売り上げを拡大してきたので法人に移行しようかと考えておられる方は、どのタイミングで法人に移行しようか悩んでいませんか?

個人事業主が新たに法人を設立し事業を法人へ変更することを「法人成り」といいます。

法人成りは、例えば税金も所得税(超過累進課税)から法人税(定率)に変更になる等、それによるメリット、デメリットが発生します。また、変更の為の手続きも手間が掛かります。

ここでは、法人成りのメリットとデメリットについて解説致しますので、法人成りを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「法人成り」をするメリットとは?

社会的な信用力が増大する 個人事業主よりも法人の方が、社会通念から対外的な信用が有りますので取引先等の交渉が有利になります。会社によっては、事前に取引先の審査が有ったり、会社組織で無ければ取引しないところも有ります。

売り上げの拡大が見込める 会社組織が取引条件のところが有る為、販路拡大が見込めます。相手の見えないネット通販に出店している場合は、個人より法人の方が一般的に信用されますので、売り上げの拡大が見込めます。

融資が受けやすくなる 銀行融資等を受ける場合、法人の方が社会的に信用が有る為、受けやすくなります。

人材確保がしやすくなる 個人事業主より会社組織の方が社会的信用力が高い為、人材を募集した時も集まりやすく、優秀な人材を採用しやすくなります。

個人の責任範囲が限定される 個人事業の場合、事業の拡大につれて運営リスクも拡大していきますが、法人にすることで、事業の運営リスクを限定することができます。個人事業主の場合、事業破綻・倒産等になった場合、無限の責任を負うこととなっています。株主有限責任の原則で、法人の場合の債務の弁済は、自分が出資した範囲内での責任に限定されます。但し、社長が銀行借り入れ等で自宅、事務所等を担保にしている場合は、会社が倒産した時に個人の自宅等を差し押さえられます。 連帯保証人になっている場合は、借入等は返済しなければなりません。

事業の継承をスムーズに行える 個人事業主が怪我や病気等で働けなくなった場合、取引を中断する取引先も現れます。法人で代表取締役社長が働けなくなった場合、後継者を決め会社が通常通り運営されていれば、取引を中断される可能性が減少します。また、個人事業主が亡くなった場合、相続財産の保護の為に預金口座は凍結され、預金の引き出しが出来なくなります。法人の代表取締役社長が亡なった場合、会社の預金口座は、通常通り使用可能です。

例えば以下のような方法があります。

・社長の給与を「給与所得控除額」として経費に出来る 個人事業主が「法人成り」でその会社の代表取締役社長になった場合、会社から給与をもらうことで、その分を利益から差し引いて計算出来ます。その為利益額を低く出来ます。 もちろん社長の給与には所得税、住民税等が掛かります。個人事業主は、事業の所得として所得税(超過累進課税)が掛かります。

・消費税の納付が免除される 会社設立後1年間(1期間)は、会社設立時の資本金が1,000万円未満の場合、免税事業者となり消費税の納付が免除されます。

・「個人事業主の所得税」と「法人税」の税率の差について この部分が、「法人成り」を行うべきかどうか、一番迷われている部分では無いでしょうか。こちらの経験値ですが、「個人事業でかかる税金」ー「法人でかかる税金」は、下表の様になります。この差額と個人事業主から法人となった時に増加する社会保険、事務負担等の増加分を考慮して、どちらが多く利益が残るかを考えて決定されるのがよいかと思います。課税所得が安定的に又は右肩上がりに上がっている状況で、大体500~600万円になった位が検討の時期かと思われます。

・欠損金を9年間繰越すことができる 法人で青色申告をしている場合は、欠損金を9年間繰越すことができます。個人事業主で青色申告ている場合は、純損失を3年間になります。

・退職金を損金とすることができる 法人の場合、会社から代表取締役社長や家族従業員に対し、退職金の支払いが可能で、それが適正額であれば損金に出来ます。個人事業主の場合、自分で自分に退職金を支払う事になる為、必要経費には計上できません。また、個人事業主が家族従業員に退職金を支払ったとしても、同様に必要経費には計上できません。個人事業主向けには、代わりに「小規模企業共済」制度があり、掛金の全額が所得控除になります。

・会社で契約した生命保険料は、その種類と契約内容によっては全額経費となる。 会社が契約者及び支払者となっている生命保険は、 保険の種類と契約内容によっては保険料が全額経費になるものがあります。個人事業主の場合は、保険料控除できるのは、生命保険料、介護医療保険料と個人年金保険料を合わせて最大12万円までです。 

「法人成り」をするデメリットとは?

会社設立時に登記の費用が掛かります 株式会社を設立する場合、登記費用として最低約25万円(電子定款認証を受ける場合には約21万円)かかります。会社設立登記の手続きの代行を司法書士等に依頼すれば、その費用としてプラス数万円かかります。

帳簿作成や税務申告書の作成等、事務処理の負担が増加します 法人の場合、会計処理は会社法に則って処理する必要がある為、税務申告書も所得税の確定申告に比べ複雑になります。それ以外に会計処理及び法人税申告 ・社会保険や労働保険の手続 ・会社組織に関する手続(登記事項の変更など)の事務処理負担が増加します。

交際費の経費算入額が異なります 資本�

Source: http://inqup.com/personal-to-company



このサイトをご覧になっている方のなかには、既に個人事業主として事業を経営されている方で法人成り(個人事業の事業内容を変更しないで、株式会社や合同会社を設立して法人格を取得すること)をご検討されている方も多いと思います。

当事務所にも、個人事業主の方から法人成りのご相談やご依頼もたくさんいただきます。

法人成りをご希望される理由として、 ・信用問題  (個人事業だと取引先に限界がある・会社のほうが融資を受けやすいなど) ・節税対策のため を挙げられる方が圧倒的に多いです。 その他には ・必要経費が認められやすい ・社会保険などに加入できる などの理由もあります。

ここでは、法人成りをご検討中の個人事業主の方に、 *法人成り(会社設立)する場合のメリット・デメリット *法人成りする場合の注意点 *法人成りへの手続き手順 をご紹介します。

*社会的信用がアップする。 大企業(特に上場企業など)は、個人事業主とは取引しないをいう会社が多いです。 この理由で法人成りをご検討される方が多いです。 今後、大企業との取引や営業活動をお考えの方は、会社設立をお勧めします。

*給与所得控除を利用できる。(節税になる)  法人化すると給与所得控除という税制上の制度を利用でき、個人事業主に比べて税金を安くする事が可能です。  事業内容、役員報酬額、株主比率、役員構成などにより一概に言えませんが、 個人事業の所得(事業収入−必要経費=個人事業の所得)が400万円以上の方は、法人化した方が税金を安くできる傾向にあります。 

*所得の分散ができる(節税になる) 個人事業主に比べ所得の分散がやりやすくなり、節税に繋がります。

*資本金1000万円未満で会社を設立すれば2事業年度、消費税が免除になる(節税になる)  現行の消費税法では、資本金1000万円未満の新設法人は、設立1期目と2期目も消費税が免除になります。  個人事業主で既に消費税を支払っている方も、資本金1000万円未満で法人成りすれば、  2事業年度は消費税が免除になるという事です。   当事務所でも過去に、資本金999万9999円で株式会社を設立された方もいました。

*融資が受けやすくなる。 個人事業主の方でも融資を受けている方はたくさんいますが、会社の方が融資は受けやすい傾向にあります。 また、個人事業主からの法人成りの場合、「第三者保証人等を不要とする融資」制度を利用できる確立が高くなり、新規で会社設立される方よりも有利な条件で融資を受ける事が可能となります。 詳しくは、「融資の種類」をご参考にして下さい。

*助成金が受けやすくなる。  助成金をご検討されている方も多いと思いますが、助成金によっては、法人しか対象にしない制度もあります。

*決算期を自由に決められる。  個人事業の場合は、毎年1月1日〜12月31日の1年間が会計年度で、決算月は12月と決まっています。  法人は、ご自身の事業内容(事業の繁忙期を避けるや取引先との関係など)で自由に決算期を決められます。    *欠損金(赤字)の繰越控除期間が7年(個人事業は3年)  欠損金(赤字)の繰越控除とは、事業で出た赤字を翌年以降に繰り越す事ができるという制度です。 赤字がでた年の翌年以降に黒字になった場合、その黒字は繰越された赤字と相殺されます。つまり課税所得が少なくなる(節税になる)という事です。  この繰越できる期間が個人事業は3年ですが、法人の場合は7年と有利になります。

*経費の認められる範囲が広くなる。 役員社宅にすれば家賃の大半を経費にできる 経営者の出張日当も経費にできる など、個人事業に比べて経費に認められる範囲が広くなります。 それだけ、節税が可能になります。

*社会保険に加入できる。 社会保険(健康保険、厚生年金)に加入でき、個人事業主に比べて手厚い保障を受ける事が可能です。

*インターネットのショッピングモールに出店できる。  最近、この理由で法人化する方も増えてきました。 Yahooなどは個人事業では出店できません。

*法人成り(会社設立)のデメリット

*赤字でも年間最低7万円(法人住民税の均等割)かかる。 個人事業の場合、事業が赤字(課税所得がゼロ)なら税金はかかりませんが、 法人の場合は、年間最低7万円(法人住民税の均等割)がかかります。

*交際費が全額、経費にならない。 個人事業の場合は、よほど不明瞭でない場合以外は、交際費は全額経費となりますが、 法人の場合は、全額経費になりません。 交際費が多い個人事業主の方は、注意が必要です。

*設立費用が個人事業よりかかる。 個人事業は、税務署に開業届け等を提出するだけで特に費用はかかりませんが、 法人の場合は、専門家に依頼しないでご自身で設立手続きをされても法定費用などが かかります。 詳しくは、「会社設立費用について」をご参考にして下さい。

*決算手続きが個人事業と比べて複雑になる。 法人の青色申告(ほとんどの方が青色申告を選択します)は、複式簿記で記帳しなければなりません。税理士や公認会計士に依頼もできますが、費用がかかります。 *社会保険料などの負担が増える。 個人事業に比べ手厚い保障が得られる社会保険ですが、その分保険料の負担も大きくなります。

以上が、よく言われている法人成り(会社設立)する場合もメリット・デメリットになります。

これらのメリット・デメットをご自身の事業状況や将来の事業展望等とよく照らし合わせて見て、法人成り(会社設立)した方が良いのかご判断して頂ければと思います。

また、会社も株式会社がいいのか? 合同会社がいいのか?などもよくご検討してから 法人成りされる事をお勧めします。 「会社の種類」も是非ご参考にして下さい。

*法人成り(会社設立する)のスケジュール計画  既に個人事業主として事業を経営されている方が法人成りする場合は、新規に会社を 設立される方より、 ・顧客や取引先に迷惑をかけないか?  ・事業に支障はないか? など、より慎重なタイムスケジュールが求められます。

 会社設立までの期間ですが、我々専門家に依頼されても、ご依頼を頂いてから会社を 設立して謄本が取得できるまで、手続きがスムーズにいっても約2週間〜かかります。  仮にご自身で全て手続きをされる場合は、1か月位はかかると思います。    たまに法務局で設立登記申請をした日(この日が会社設立日になります)にすぐ会社の謄本(正式には履歴事項全部証明書と言います)や会社代表印の印鑑証明書が取得できると勘違いをされている方がいるのですが、謄本や印鑑証明書は、設立登記申請日には取得できません。  法務局の混み具合などにもよりますが、通常は設立登記申請日の3〜10日後以降の補正日以降に取得できます。  (大安などは、設立登記申請する方が多いので補正日も遅くなります)  また、提出した書類等に不備があると更に取得できる日が遅くなります。   会社名義の銀行口座は、謄本や印鑑証明書がないと開設できませんし、税務署などの各役所への設立届けにも謄本や印鑑証明書が必要になります。  つまり、実際の事業は謄本などが取得できないと活動できませんので、注意して下さい。

*法人(会社)に引き継ぐものを決める 法人成りとは、個人事業をそのまま法人に引き継いで事業を行なう事ですので、以降後に事業に支障がないように、引き継ぐものを決める必要があります。

 *現金や預金   事業用現金はそのまま法人へ引継ぎできます。   預金は、会社名義の口座に移して引継ぎします。  *売掛金や買掛金   できれば、引継ぎしないで個人事業時に清算する方がいいでしょう。  *借入金   金融機関からの借入金などがある場合は、名義変更が可能かご確認して下さい。   *商品在庫   在庫は、会社設立時に現金の代わりに「現物出資」という方法で法人に引き継ぐ事も可能です。   あるいは、会社設立後に買取する事も可能です。  *車やパソコンなどの備品   在庫と同じ用に、会社設立時に現金の代わりに「現物出資」という方法で法人に引き継ぐ事や会社設立後に買取する事も可能です。  *事務所・店舗やリース物件   事務所・店舗やリース物件など、貴人事業で契約していてものは、名義変更が必要になります。   事前に、名義変更が可能か、可能な場合に必要な書類は何か?などをご確認して下さい。

*法人成りへの手続き手順  ここでは、一般的な法人成りへの手続きについてご紹介します。  (1)会社概要及び設立までのタイムスケジュールを立てる     ↓  (2)会社の設立をする *株式会社を設立する方は「株式会社設立マニュアル」をご参考にして下さい。 *合同会社を設立する方は「合同会社設立マニュアル」をご参考にして下さい。  ↓  (3)会社設立後の手続き   *税務署に個人事業の廃止の届出をする    ・「個人事業の開廃業等届出書」    ・「所得税の青色申告の取りやめ届出書    ・「給与支払事務所等の廃止届出書」    などを提出します。   *税務署や社会保険事務所などで会社設立の届出をする    詳しくは「株式会社設立後の流れ」「合同会社設立後の流れ」をご参考にして下さい。    *顧客や取引先への挨拶    挨拶状や名刺、ホームページの製作などの準備も忘れずにしましょう。     ↓  (4)税務申告について。   (例)6月1日に会社設立をして 事業年度を毎年6月1日〜翌年5月31日(決算月5月)とした場合。 (1)1月1日〜5月31日までは個人事業(事業所得)の税金対象となる (2)6月1日以降は、 *6月1日〜12月31日までの会社からの給与所得(役員報酬) *(1)の事業所得 を足して年明けに個人の確定申告をする。 (3)来年の5月31日から2ヶ月以内に法人税の決算申告をする。 (4)年末に年末調整(給与所得者なので)をする(普通はこれでOK) 必要な人は確定申告もおこなう(給与以外に収入がある場合など)

当事務所では、法人成りをご検討中の個人事業主の方からのご相談も大歓迎です。 「自分は、会社を設立したほうがいいのか?」 「自分には、株式会社が良いのか? 合同会社が良いのか? など、どうぞお気軽に無料相談をご利用下さい。

Source: http://www.kaisha-mystyle.jp/column/000898.html

Leave a Replay

Submit Message