共有マンションの離婚 時価オーバーローン任意売却 養育費支払いノウハウ 東京一番親切正直

税理士 費用 相場

共有マンションの離婚 時価オーバーローン任意売却 養育費支払いノウハウ 東京一番親切正直

詳細について 税理士 費用 相場



この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

目次 起業時に出会う税理士は費用対効果が高い! 税理士に依頼できる仕事 税理士の仕事1.税務代理業務 税理士の仕事2.税務書類の作成業務 税理士の仕事3.税務相談業務 税理士の仕事4.会計業務 税理士の仕事5.コンサルティング業務 税理士の仕事6.その他 税理士の顧問費用は 確定申告を税理士に依頼する費用は 税理士にかかる費用と顧問契約の業務内容まとめ

起業時に出会う税理士は費用対効果が高い!

顧問税理士がどんな仕事をしてくれるか知ってますか? 顧問税理士にどれ位費用がかかるか知ってますか?

私は、回し者ではありませんが、これだけは確実に言えます。

「起業時に出会う優秀な税理士ほど、コスパの高い存在はない!」と。

特に、売上が1億円未満の会社であれば、優秀な顧問税理士との出会いは恩恵を十分に感じることができます。そんな優秀な税理士選びのチェックポイントは以下にありますので、ご参考に。

さて、上記ページ内で顧問税理士にかかる費用にも触れていますが、これは一体どのような仕事に対して支払われるものなのでしょうか。

今回は、優秀な税理士選びの参考になる税理士の仕事内容と、それにかかる費用に関してお話したいと思います。

税理士に依頼できる仕事

税理士の仕事は大きく分けて3つあります。そして、税理士という資格を持っていることで、その3つの業務を独占的に、私たちに提供できることになっています。

税理士の仕事1.税務代理業務

企業に代わって、税務関連書類を税務署等に申告・申請することができます。また、税務署による税務調査に立ち会い、企業に代わって、税務調査の対応を行います。

税理士の仕事2.税務書類の作成業務

税務署に提出する書類を企業に代わって作成します。

税理士の仕事3.税務相談業務

企業に代わって、確定申告による税金の計算、それに関する手続き、税務内容の質問に回答したり相談対応をします。

上記3つが、税理士の仕事と呼ばれているものです。企業にとって一番重要な確定申告処理は、「1.税務代理業務」「2.税務書類の作成業務」に該当します。

税理士の仕事4.会計業務

会計業務とは、財務3表など決算書類の作成、会計帳簿の記帳代行、また月次決算業務などを行います。

税理士の仕事5.コンサルティング業務

コンサルティングは、経営に関するアドバイスや税金に対するアドバイスを行います。

月次決算や年次決算などで作成した決算書類を基に書類分析や節税対策、資金繰りに関するアドバイスです。

税理士の仕事6.その他

融資の際の金融機関との折衝や企業買収、合併などのM&Aに関するアドバイザー業務、また、社労士、司法書士、弁護士などと連携をして、企業の裏方事業を一手に引き受けることもあります。

優秀な税理士は、「4.会計業務」「5.コンサルティング業務」「6.その他」が優れています。特に、専門機関との折衝や、社長目線で経営アドバイスができる税理士は非常に優秀だと言えます。

税理士の顧問費用は

さて、これらの仕事をしてもらうために税理士と契約を結びます。これを顧問税理士制度と呼びます。顧問とは、相談を受けて意見を述べる役目のことです。

Source: http://www.syachou-blog.com/cost-of-the-tax-accountant/



個人事業主でも小さい企業でも、確定申告をしたり節税をしたりっていう時に気になるのは税理士の料金相場。安い料金で節税してくれるんだったら顧問契約をしたいし、高いんだったら頼まずに自分で今後もやった方がいいわけですが・・・

ということで、色々と税理士の料金相場についてリサーチしてみました!ここではだいたい1000万円以下の売上である個人事業主に対する報酬料金を調べています。また、注意書きがない限りは以下で記載していく金額に消費税がかかります。

安い価格で頼める税理士を探す方法

ここまで例として挙げた税理士料金は、いずれも専門のサイトを通さずに依頼を行った場合の価格です。

なるべくだったら料金が安くなったほうが当然良いわけなんですが、その場合には税理士を無料紹介してくれるサイトを利用するのが良いでしょう。

こちらをクリック → 税理士紹介エージェント

このサイトを利用した人の99%が満足して契約を継続している実績があります。

これは事前に専任コンサルタントがヒアリングして税理士を選定し、料金やサービス内容を交渉してからの紹介になる、ということがポイントです(ただ単にその辺の税理士を紹介しているだけでは仲介の意味が無いわけですから)。

・税理士と面談して契約するかどうかを判断するだけで済む ・何度でも無料で紹介してもらえる ・自分で顧問料や決算料を交渉する必要がない

・100%税理士を紹介してもらえるわけではない  コーディネーターが「今契約している税理士のほうが安い、あるいは優秀」という判断をした場合には新しい税理士を紹介してもらえないこともあります。

顧問報酬の引き下げ例

これまでに上記の紹介サイトを利用して顧問報酬の引き下げに成功した例を紹介します。

上では売上が1000万円以下の事業主の例について紹介しましたが、ここではもっと年間売上が多いために税理士報酬が高額になっている場合の例や、顧問料&節税額をトータルで見て経営状態が改善された例について紹介していきます。

変更前 144万円 変更後 108万円 年間36万円の節約

変更前 64万円 変更後 54万円 年間10万円の節約 さらに、資金調達サポートをサービスとして追加。

変更前 32万円 変更後 54万円 年間顧問料は22万円増加。 その代わり、税理士変更後に100万円以上の節税が可能に。

  こちらをクリック → 税理士紹介エージェント

税理士と顧問契約をするか?しないか?

最初に上げた例を見ての通り、自分自身で税理士と顧問契約をする場合には結構年間の料金相場が高いんですよね。

ただ、一番最初に挙げた例はいずれもウェブサイトを所有している税理士事務所なので(つまり他と比較されやすいのでこれでも料金が低めに設定されていた)、ウェブサイトを所有していない税理士事務所を自分の足で探したり税務署の紹介で出会ったりした場合にはもっと高い料金相場になってしまう可能性があります。

  ビジネスを始めたての個人事業主や中小企業の場合には、上記のような顧問税理士への顧問料や決算料はとても払えないという場合がほとんどでしょう。上手いこと節税に成功したとしてもおそらくその金額を料金相場の方がはるかに上回っているでしょうし、毎年それだけの余裕資金を生み出せるかとなるとかなり疑問ですよね。

実際の所、個人事業でも法人化していても、税理士費用が高すぎて経営を圧迫している(しかも全然役に立たない)とかそもそも契約するほど資金に余裕がないって言うことも多いでしょう。顧問契約して全部やってもらえば年間30万から50万くらいの費用がかかるわけですし、売上が1000万円とかそこら辺だと明らかに税理士費用が高過ぎると感じるはずです。

基本的にはある程度の金額が儲かっていなければ税理士に色々と節税策を練ってもらう意味が無いでしょうし(赤字だったら節税以前の問題ですから・・)、税理士との顧問契約となるとなかなか踏み出せないという経営者がほとんどではないでしょうか?

もちろん、普段の経理処理や確定申告について全くわかっていないというのであれば自分で勉強するか顧問税理士をつけるかのどちらかしか選択肢がありませんし、変なことをして余計な税金を支払うようになるよりはマシだという考え方もあります。

自分の力で何とか節税したい・節税について勉強したいという場合

そういったわけで税理士を頼むほどのお金はないけれども何とか節税したいという人の場合には自分で勉強していくしかないんですね。

もちろん自分で勉強した上でどうするか考えて顧問税理士をつけてもいいわけですし、その辺は自分の事業規模と手持ちの資金などと相談して決めていくと良いのではないでしょうか。顧問税理士自体は別に無理してつける必要があるわけでもないですし(法律で強制したら個人事業主なんか皆事業をやめちゃいます)、ある程度売上も利益も伸びてガッツリと節税したくなってからでも遅くはないでしょう。

【参考】 昔から付き合いがあってずっと顧問料を払い続けているんだけれどもあまり節税には役立っていないとか、電話に出ない・コールバックがないなんていう税理士と顧問契約して困っている・・・なんていう経営者も結構いますよね。 こうした時に顧問契約を打ち切�

Source: http://www.suzanneatthebeach.com/2014/09/16160619.html

Leave a Replay

Submit Message