葛飾区・税理士・社会保険労務士・会社設立後の営業

税金 対策 会社 設立

葛飾区・税理士・社会保険労務士・会社設立後の営業

詳細について 税金 対策 会社 設立



1.FX会社設立とレバレッジ規制2.FX会社設立と節税3.合同会社は設立コストが低い

合同会社なら、定款認証不要で、登録免許税も安いので実費6万円で会社設立できます。

・実費は6万円だけで会社設立できます! ・合同会社でもFX法人口座を開設できるケースがほとんどです。 ※本サービスは、3か月以上の税理士顧問契約が必要となりますので、ご注意くださいませ。 (2012年4月現在)

4.合同会社と資本金

FX法人口座目的の合同会社は、たしかに設立コストは格安ですが、資本金額については注意が必要です。 FXで法人口座を開設するためだけという理由で資本金1万円程度で会社設立をしてしまい、証券会社への申し込みの際に、「資本金が100 万円以上であること」をいう審査基準(証券会社によっては資本金額は審査基準ではありません)を満たしていないことを理由に、契約を断られるケースがあります。証券会社への事前確認を行って下さい。

5.顧問契約についてのよくある質問

 最終的に、会社設立費用は総額でいくらかかりますか?

 会社設立をご利用いただいた場合に発生する費用は以下の通りとなります。

【 会社設立 】  ・設立代金・・・60,000円(手数料完全ゼロ円です) 【 税理士顧問契約 】  ・月額顧問料・・・月1万円〜。FX法人の場合、経理仕訳入力も月額1万円の範囲内で対応します。  ・決算料・・・年に1回、15万円。法人は1年に一度会社の決算を行います。   初年度より年間を通してご契約いただきますと、不安のない決算処理が可能になります。  ・年末調整代・・・年に1回、1万円〜。

 弊社がいただく料金は、上記のみです。  他の会計事務所で発生するような設立届作成代、融資相談料、会計ソフト利用料などの  追加費用は一切発生いたしません。

 税理士顧問契約は必ず必要ですか?

 はい。当事務所では、会計士・税理士事務所ですので会社設立のみというご依頼は お受けしておりません。 FX法人設立後の税理士契約(月額1万円の範囲で経理仕訳入力も代行)をいただくことで、会社設立の格安サービスをさせて頂いております。

 税理士顧問契約に会計ソフトへの仕訳入力は含まれていますか?

 FX法人のお客様に限りまして、会計ソフトへの仕訳入力も顧問料1万円に含まれます。 面倒な経理入力も月額1万円の顧問で解放されます。

6.FX節税を考えた確定申告

※平成21年1月からは、店頭取引業者にも支払い調書の提出が義務付けられており、 FX取引の全ての損益、明細が税務署側でも把握できるようになりました。

7.FXの節税について!8.FXの仕訳

FX取引で発生した損益は、売買で得た為替差益と、スワップポイントと呼ばれる金利収入に分類できます。 この損益は、会社の定款の事業目的により営業損益か営業外損益として計上します。 ▼ FX取引が定款事業目的で主たる事業の場合で利益が出た場合

9.FXの必要経費

FX必要経費には以下のようなものが例示できます。 新聞図書費 → FX関連の専門雑誌、本代金等。 採用教育費 → FX関連セミナー受講料。 旅費交通費 → セミナー出席交通費。 減価償却費 → パソコンは耐用年数4年で減価償却します。 事務用品費 → 文房具等。 通信費 → 電話代、プロバイダ料金等(家事費との区分が大事)。 会議費 → FX取引関連の打ち合わせ等。 会議費 → FXトレーダー同士の情報交換目的の交流会等(家事費との区分が大事)。 車両費 → FX以外に他の事業も営んでいる場合、経費として認められる場合もあります(例;法人名義で契約した車で自宅とは別のFX専用の事業所に通勤している等)。 顧問契約をしたお客様に限り、「どのような支出が経費になるのか?」について、個別具体的なアドバイスをさせていただいております。 なお、弊事務所ではお客様に対して「経費立替精算書、入出金表」用の専用エクセルシートを提供しております。

FX投資会社設立についてのご相談やご依頼はこちらからどうぞ。

Source: http://www.kaishasetsuritsu-expert.com/article/13537533.html



会社が役員に払う報酬は、会社側では、経費となり、会社の税金を減らします。

一方、社長個人側では、給与として所得税課税がされます。

「行ってこい」の印象を受けますが、給与が所得税課税されるときは、「給与所得控除」が差し引かれてから税率がかけられるので、「給与所得控除」の分だけ、税務上は有利です。 会社が社長に払う年間報酬が800万だとしましょう。

会社は、まず、800万円だけ課税所得を減らせます。

社長個人は、給与として800万円を所得税課税されます。

ただ、給与への課税は、給与所得控除200万円を差し引いてからの課税となります。

給与所得控除200万円×実効税率30%=60万円

の節税メリットを享受することができるのです。

収入より、経費が大きいと(収入−経費)が赤字となります。

この赤字を欠損金といいます。 欠損金は、青色申告を要件に翌期以降に繰越し、課税所得金額から控除することができます。

翌期以降の税金を減らせる効果があるということです。

この繰り越せる期間が、個人事業は3年間であるのに対して、法人の場合は、9年間繰り越すことができます。

法人の場合には、より長く赤字を繰り越せるので、将来の課税所得と相殺して、より大きな節税メリットを享受できる可能性が高くなります。

個人事業の場合、保有するビジネスで使っている資産等はすべて個別に相続の対象となります。

税金の納付を行うために、相続したビジネス用の資産を売却して現金化して納付したり、特例で認められる物納により税金を納めたりすることにより、重要な事業用資産が処分されてしまうといったことが少なくありません。 保有していた土地や建物、運転資金等が、分散して相続されることにより、事業用資産が分散することもあります。

また、個人事業の場合は、個人が許認可を取得しているので、事業者が死亡することにより、許認可の継続が困難となったりすることもあります。 こういった事態が発生すると、ビジネスの継続そのものが難しくなります。

そうなると、ビジネスに従事している家族や従業員の生活が脅かされることになります。 これに対して、「法人」の場合、株式の過半数を、ビジネスの承継者が相続すれば、経営を継続することは、比較的に容易です。

これは、事業承継対策上は、大きなメリットといえます。

Source: http://www.prokeiri.com/fxtax/

Leave a Replay

Submit Message