経済入門講座②株式会社の設立と計算

株式 設立

経済入門講座②株式会社の設立と計算

詳細について 株式 設立



会社設立がネットで簡単!

当サイトは必要事項を入力することにより、会社を設立するための登記申請書類をすべてネット上で簡単に作成できます。(電子定款、500万円以下の現物出資に対応)

インターネットの接続環境さえあればどこからでも利用でき、利用期間内であれば、何社でも会社を設立することができます。初めて会社設立する起業家から会計士、税理士、行政書士、司法書士等専門家の方も利用できます。

ご利用方法は会社設立の代行手続き利用ガイドをご覧ください。

情報入力から定款印刷・登記申請書印刷まで、会社設立の専門知識のない方でも手軽に法人の設立が行えるようになっております。また、会員登録費用は無料になっておりますので、この機会にぜひご利用ください。

Source: http://kaisya-tsukuro.net/merit.html



会社という形態で事業を行う様々なメリット・デメリットを下の表にまとめました。

会社設立のメリット

まず、メリットですが、やはり個人と会社ではビジネス上の信用力が違います。取引条件として会社であることが要求されたり、 あるいは行政の許認可が必要なビジネスを行う場合、会社であることが許認可の前提条件である場合もあります。 また、一定の制限はありますが、個人よりも経費として認められる範囲が広がりますし、社長個人とは別人格の会社から給料をもらう形に なることなどで、節税の効果も発生します。(※1) そして会社(※2)の場合、経営者は出資した範囲のみで責任を負えばいい(有限責任といいます)ことになっていますので、 事業が失敗しても社長さん本人は、最悪出資金が返ってこないのみで、借金を背負わずに済みます。(※3)

※1 税についての記述は、あくまでも一般論です。税は専門性・個別性が極めて強いため、具体的な事項については税理士にご確認ください。 ※2 合名会社と合資会社には当てはまりませんが、今後当サイトではこの2つは無視します。 ※3 日本の場合、会社が銀行からお金を借りる際に、社長の個人保証を付けることを求められる ケースが多いため、実際には社長個人も負債を負う場合がほとんどです。

会社設立のデメリット

次にデメリットですが、まず設立に費用がかかります。詳細は次のページで説明しますが、株式会社の場合は20万円、 合同会社なら6万円が必要になります。 また、国や自治体に対する様々な手続き(税金や登記など)が継続的に発生するため、事務手続のために多大な時間と費用を要することになります。 また、会社は年間の利益がゼロあるいはマイナスであった場合でも法人住民税を支払わなければならないのですが、その額が年間7万円です。 個人事業であれば支払わなくていい費用という意味では、これもデメリットといえるかもしれません。

会社の種類と設立にかかる費用へ進む

Source: https://www.hitodeki.com/

Leave a Replay

Submit Message