社労士で開業すると必要となる費用 セミナー受講料

開業 費用

社労士で開業すると必要となる費用 セミナー受講料

詳細について 開業 費用



個人事業主になる前に知っておきたい「開業費」

個人事業主には、開業のために要した支払いを「開業費」という繰延資産に計上することが認められています。

例えば、個人事業主として独立する前にWebサイト制作を外注依頼していたり、印鑑の購入費、クライアント獲得のための交通費などです。

つまり、適切にこの「開業費」を計上することで、「開業前」の支払った費用についても経費(損金)として認められ、課税所得が減ることで節税効果が見込めることになります。

ただし、開業費は「開業前に支払った費用」が対象のため ・開業費として認められる支払い ・開業費として認めてもらうために必要な情報(領収書など) を「個人事業主になる前に」知っておく必要があります。

そもそも開業費とは?

開業費とは、個人事業主として独立して「開業」する前に支払った「開業のために要した支払い」で、繰延資産に計上します。

繰延資産と言われてしまうと会計の知識が必要になってしまいますが、開業費は5年間での任意償却のため、簡単に言うと、開業費として計上した金額を5年間で自由に経費(損金)として処理することが可能です。

例えば、初年度に全額を経費(損金)として計上することも可能ですし、2年目の課税所得が多くなりそうという読みがあるのであれば、敢えて1年目は一切償却せず、2年目に全額を償却(=経費・損金として計上する)ことも可能です。

開業費の範囲

ここで重要なのは、どんな支払いが開業費として認められるのか?という開業費の範囲です。

一般的に以下のような支払いが開業費として認められます。 #全て、開業のために要した支払いであることが前提です。

なお、開業費は、税務上、税務署に届け出る「開業届け」に記載する「開業日」より前に支払った経費が対象となります。

参考:個人事業主:開業手続き書類まとめ(開業届など)

開業費で重要なポイント

開業費によって節税を図る際の重要なポイントは、 ・開業費は開業前に支払われた費用である点 ・開業費として認められる支払い範囲 を「開業前」に認識する必要がある点です。

つまり、実際に独立して開業してから開業費のことを考えても手遅れになってしまう危険性が大です!

個人事業主になる前に ・開業費として認められる支払いを把握する ・当該支払いの領収書などを取得、保管する ことが必須となります。 なお、開業費を適切に処理するためには、事前に税理士に相談しておくことがベストです。自己判断で該当しないと思い込んで、本来は開業費に計上できる支払いを計上漏れさせてしまう危険性があります。 開業費の具体的な仕訳方法は「個人事業主の開業費の仕訳方法(国税局に確認済み)」をご覧ください。

また、開業費の仕訳入力にも対応しているやよいの青色申告オンラインを私は使っています。やよいの青色�

Source: http://www.dena-ec.com/store/plan.html



DeNAショッピングが出店・開業のご相談、申込〜出店まで丁寧にサポート致します!

Step1.入会申し込み Web上にてDeNAショッピング入会申込書をご入力いただきます。 URL:https://www.dena-ec.com/store/entry/index.html

Step2.入会書類FAX 下記の書類を弊社までFAXしてください。 ● 法人さま:履歴事項全部証明証・印鑑証明書など ● 個人事業主さま:住民票・印鑑証明書など ※履歴事項全部証明証、住民票、印鑑証明書は、取得後3ヶ月以内のものでお願いいたします。 ※お取り扱いの商材によっては、必要書類(各種免許証など)のご提出をお願いする場合がございます。

Step3. 必要書類郵送 審査完了後、Web上でご記入いただいたDeNAショッピング入会申込書と、FAXしていただいた書類の原本をご郵送いただきます。

Step4.出店・開業料入金 書類の原本が到着後、アカウントを発行し、出店・開業料の請求書を送付致します。請求書に記載の金額をお振込みください。 お振り込みいただく金額は、入会金と契約期間分の月会費を合算したものとなります。 ※申し込みの際に実印での捺印が必要となりますのでご用意ください。 ※別途分割払いやクレジットカード払いでのお支払いもご相談ください。

Source: http://iroiroblog.com/kaigyohi-prepare/

Leave a Replay

Submit Message