新座市 旧国金融資 緊急相談 開業資金はどこからがおすすめか?

開業 相談

お客様からの声

「起業に悩んだとき」、「税務調査でこまったとき」、「決算や法人税申告が間に合わなくなってしまったとき」、「信頼できる税理士選びをしたいとき」・・・ どんなときでもお気軽にご相談いただいているお客様をご紹介いたします!

お客様よりご支持いただいている理由JR茅ヶ崎駅より徒歩3分!フットワークの軽さに定評があります。

ご支持いただいている1番のポイントは、「フットワークの軽さ」です。 税務調査が入った場合はもちろんのこと、何か困ったことが起こった際には、専門家である税理士がスグにかけつけます! また、毎月のお打ち合わせでもご要望をいただければ、こちらからご訪問させていただきますので、現場の変化も敏感に察知し、気がついたことがあればアドバイスさせていただいている点も評価していただいているようです。

最新の知識やノウハウを習得し、ご提供させて頂きます!

当税理士事務所では特に創業間もない方や飲食店の方のサポートが多いため、商工会議所での創業セミナーや日本フードアドバイザー協議会などの研修などにも積極的に参加しています。

直接お客様のお役に立てるような最新の知識やノウハウを習得していきたいと思っています。

当税理士事務所は初回のご相談は無料です。土日祝・夜間にも対応しています!「攻め」の精神を大切にしています。

税理士事務所は守りの要素が強く、社長がチャレンジしようと思っていることに対して否定的な意見を述べてしまいがちですが、 当事務所では、「どうしたらうまくいくのか?」を一緒に考え、社長の思いを実現していけるようお手伝いしていきたいと思っています。

地元の起業家を応援しています!!!

設立当初は誰でも資金面で苦労するものです。 わたしたちの税理士事務所は地域でも最もお手軽な147,000円(総額)で会社設立を応援しています! 設立から1年後には、ささやかながらお祝い金として決算申告料金も割り引かせていただきます! 税理士という立場から、少しでも地域の起業家を応援できればと思っています! 必要であれば法人税申告や資金調達サポート、税務調査対策も承ります。

ご契約までの流れ

Source: http://gyousei.office-373.jp/support/advice.html



動画を見ます 開業 相談

新座市 旧国金融資 緊急相談 開業資金はどこからがおすすめか?

詳細について 開業 相談

行政書士というのは、普段の生活の中では、あまり関わることのない職業のひとつです。行政書士試験に合格し、さあ、行政書士事務所を開業しよう! とお考えの合格者の方々も、実際に現役の行政書士に会って話をしたことがあるという方は少ないのではないでしょうか?

仮に、行政書士事務所を開業する前に、現役の行政書士に会っていろいろな話を聞いてみたいと思っても、業務の依頼ならばともかく「行政書士事務所開業に関する話を聞かせて欲しい、聞きたい」というご要望に応じている行政書士事務所は、恐らくほとんどありません。

大手の資格学校などには、試験合格後の行政書士開業講座というものもありますが、これらは講義を受けるという座学そのものであって、実際に現役の行政書士から業界の生の話を聞けるわけではありません。また、他の受講生がいる場では、聞きにくい・話しにくいこともあるでしょう。さらに、こういった行政書士開業講座は費用が10万円以上するものがほとんどで、今後の開業費も必要なことを考えると非常にハードルが高いものです。

そのため、行政書士事務所を開業する方々のほとんどが、自分がこれまでに会ったこともない・話をしっかりと聞いたこともない「行政書士」という職種に、いきなり自分がなることになります。そして、行政書士事務所の開業後も、業界のことが何もわからないまま、手探りで毎日の経営を行うことになってしまいます。

「自分が行政書士になる前に、もっと気軽に何でも相談できる行政書士がいたらいいのに……」

そういったご要望から、niago行政書士開業サポートでは、ご開業前に行政書士と気軽に会っていろいろなご相談・ご質問をしていただける「行政書士事務所開業相談」を行っております。

行政書士事務所を開業する前に、現役の行政書士に聞いてみたいこと、解消したい不安、何でもお聞きください。全国でも数少ない現役の女性行政書士が業界の動向をお話いたします。

niago行政書士開業サポートを運営する行政書士が、行政書士になる前に一番不安だったのは「行政書士は、仕事があるのだろうか?」ということでした。

結論からいうと、当たり前のことですが、行政書士の仕事は、あるところにはあるし、ないところにはありません。1年で何百万円も稼いでいる行政書士もいれば、ほとんど収入のない行政書士もいます。これは行政書士に限らず、どのような職業でも同様かと思います。

特に行政書士は、どの地域にもすでに長く開業されている重鎮の行政書士がいらっしゃるので、行政書士の一般的な業務例として出てくる許認可(建設業許可・運送業許可・風俗営業許可等)をメイン業務にするのは、かなり難しいといえます。

そのため、新人にとって、行政書士というのは新しい業務を獲得するために、相当の情報収集能力と時代のニーズを自分の仕事に繋げることのできる発想力が必要な厳しい業界です。

例えば、新しい業務のひとつとして、成年後見人の仕事があります。これは行政書士でないとできない独占業務ではありませんが、今後の高齢化社会でますます必要とされてくる仕事です。これから行政書士として開業することをお考えの方は、後見業務をメインとして検討なさるのもいいかもしれません。また、「一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター」という成年後見に関する知識・経験を有する行政書士を正会員とする全国的な組織がありますので、コスモスの会員になって、研鑽を積むこともできます。

このような行政書士業界のお話は、ブログや書籍などでも見聞きすることができますが、「現役の行政書士からもっと生の声を聞きたい!」 というときには、ぜひお気軽にniago行政書士開業サポートにお声掛けください。

開業前のいろいろな不安のご相談、開業前に準備しておくといいもの・準備しなくてもいいものといった具体的なご質問、育児や家事との両立はできるだろうかといった立場に合わせたご相談など、女性行政書士が、自分の実体験を元にお応えいたします。

多角的に行政書士事務所の開業を応援するniago行政書士開業サポートでは、行政書士事務所の開業についてだけではなく、事務所ホームページやインターネットのこともご相談いただけます。

niago行政書士開業サポートを運営する女性行政書士は、長年web系の業務を行っていた経験があり、現在もwebディレクターとして多くの行政書士事務所様、他士業者様、個人事業者の方々、中小企業のホームページ制作や運営のお手伝いをいたしております。

niago行政書士開業サポートでは、同じ行政書士として一番効率的に行政書士事務所のホームページ作成のお手伝いをすることが可能です。

ホームページでわからないこと、インターネットのこと、メールのこと、ぜひお気軽にご相談ください!

→「行政書士事務所のホームページ企画制作」の詳細ページへ

Source: http://yoshii-tax.com/

Leave a Replay

Submit Message