会社設立の準備段階\(// //)\

設立 準備 会社

①名称中に「一般社団法人」という文字を使用します。

②事業目的を決めます。事業の公益性は問われません。

⑥役員として理事を1人以上置く必要があります。

⑦設立時に資本金(基金)0円でスタートできます。

①~⑦について説明していきましょう。

①「あおぞら一般社団法人」のように、前に法人名を前に持ってきても、「一般社団法人あおぞら」のように後に持ってきてもかまいません。ただし名称中に「一般社団法人公益あおぞら」などと他の形態の法人と誤認されてしまうような名称を使うことはできません。

②事業目的を定めますが、公益性は問われません。個人の利益を追求する団体であってもかまわないということになります。

③社員は最低2人、つまり夫婦2人でも設立可能ということになります。

④社員が定款をつくり、公証人役場で定款の認証を受ける必要があります。定款とは会社の最も重要な規則を定めた、いわば一般社団法人の憲法ともいわれるものです。一般社団法人を設立するには、必ずこの定款が必要になります。公証役場とは公証人が定款の認証などを行う役場のことで全国にあります。

⑤主たる事務所のある管轄法務局の出張所で設立登記申請をする必要があります。

⑥社員以外に理事を1人以上置く必要があります。ただし大規模一般社団法人(貸借対照表の負債の部の合計額が200億円以上)ですと理事会を設置する必要があります。理事会は〔理事(3人以上)、監事(1人以上)、会計監査人(1人以上)〕で構成されます。

⑦設立時には基金、つまり株式会社でいう資本金にあたるものは必要ありません。0円でスタートできます。

■一般社団法人に関する他のメニュー

Source: https://www.zeiri4.com/c_4/h_98/



動画を見ます 設立 準備 会社

会社設立の準備段階\(//∇//)\

詳細について 設立 準備 会社

はじめに

会社を設立して法人ができた後に、法人名義のクレジットカードがあればとても便利です。法人クレジットカードは、経営に欠かせないツールとも言えるでしょう。

しかしながら、法人クレジットカードを作るためには、クレジット会社の審査をクリアする必要があります。会社設立直後の法人は、まだ信用が無いため、作ることができるクレジットカードは限られます。また、その審査をクリアするためには、最低限抑えておいた方が良いポイントがあります。

このページでは、法人クレジットカードを作ったときに得られるメリットから、会社設立直後でも作りやすいカードや、その審査をクリアするためのポイントをご説明いたします。

法人クレジットカードとは? 法人クレジットカードを作るメリット 法人クレジットカード活用方法の具体例 法人クレジットカードの審査基準と対策 会社設立直後でも作りやすい法人クレジットカード 法人クレジットカードの手続手順と必要書類

法人クレジットカードとは?

法人クレジットカードとは、その名の通り、法人に対して発行されるクレジットカードのことを言います。略して法人カードと呼んだり、ビジネスカードやコーポレートカードという名称で呼ばれるものもあります。

法人クレジットカードの名義は、法人に所属する個人になります。引き落とし口座は法人名義の銀行口座である必要があります。

法人クレジットカードは企業や種類によって利用限度額が設定されます。また、カードの発行枚数は、ビジネスカードと呼ばれるものの多くには上限がありますが、コーポレートカードでは法人がカードの発行枚数を指定できることがあります。

ビジネスカードの場合の限度額は、追加カードも一律の金額となりますが、コーポレートカードの場合は、部署全体・カード使用社員1名ごとに設定することが出来ます。

ビジネスカードは経営者や個人事業主向け、コーポレートカードは企業向けと言えるでしょう。

法人クレジットカードを作るメリット

法人クレジットカードを利用することで得られるメリットは以下のようなことが挙げられます。ひと言でいえば、「経理処理の効率化と手間の改善、クレジットカードの特典が利用できること」です。

法人クレジットカード活用方法の具体例

例えば以下のように利用すれば、法人クレジットカードのメリットを最大限活用できるでしょう。

出張時に活用する

出張のときには以下のように活用することが考えられます。

ポイントを活用する

法人取引の場合は支出額も大きくなるため、以下のように利用すれば、ポイントが貯まりやすくなります。そのポイントを備品や商品券と交換すると良いでしょう。また、前述のとおり、経理の手間を大きく省くことにもつながります。

法人クレジットカードの審査基準と対策

設立したばかりの会社は倒産のリスクがあるため、多くのクレジットカード会社は厳しい審査基準を設けています。

一般に3年以上の経営歴があり2期連続黒字であることが目安と言われています。また調査機�

Source: http://www.kaishasetsuritsu.biz/shadan/sonaeru.html

Leave a Replay

Submit Message