中央区・港区の会社設立!誠実な手数料0円とは?KK総額20万円の秘密!

社団 法人 設立 費用

無料メールマガジンのご案内:社会起業家必見!知らないと損する新公益法制度の基礎知識

新公益法人制度について全国トップクラスの実績を持つ専門家が共同配信。 一般社団・財団法人の設立から任意団体の法人化、公益認定、公益法人成りまで詳しく解説!

【共同配信】行政書士法人 WITHNESS | 行政書士 齋藤史洋事務所 | MOYORIC 行政書士合同事務所

公益認定取得・公益法人化のノウハウの情報 / 非営利法人どれを選べばいい? / 公益法人の税制優遇措置って? など、公益法人制度に関するノウハウ満載のメールマガジンです。登録無料(解除はいつでも可能です)

こちらのマニュアルでは、一般社団法人の中でも、下記のような形態の一般社団法人設立手続きに対応しております。

上記の手続きに必要な書類一式の雛型を同梱しております。

書式は穴埋め式ワードファイルになっていますので、 マニュアルに従ってご入力頂くだけで、一般の方でも簡単に完璧な書類が完成します。安く簡単に手続きを終えたいとお考えの方は是非ご活用下さい。

これまで一般の方150名以上がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいませんので、どうぞご安心ください。

非営利型一般社団法人は、法人税法に定められている収益事業のみに課税されます。つまり、上記34種類の事業以外によって生じた所得には課税されないと言うことになります。

一般社団法人の設立をご検討されている方の中には、

などの事業を行う方が多く見受けられますが、こちらは収益事業に該当します。

では、逆にどんな事業が収益事業に該当しないのかをご説明いたします。

次の項目などは収益事業にはならないとされています。

寄付は、寄付をする人からすれば、一方的な金銭の支出でありサービスなどの対価を受けるわけではないので非課税。会費についてもこれと同じ考えで、その一般社団法人を開設、維持、運営するために会員が支払うものは非課税。

つまり、サービスなどの対価を受けない寄付、会費などは原則として非課税になります。

名目的な寄付・会費等で、実際にはその対価としてサービスや商材など対価の支給が行われる場合は、収益事業に該当する可能性が高く、注意が必要になります。

サービスを利用するために会員が支払う会費・入会金は、収益事業に該当すると考えられています。

なお、一般社団法人等の非営利団体に多く見受けられる、次のような場合も収益事業に該当し、課税の対象となる場合があります。

※非営利型一般社団法人が行う事業については、収益事業に該当するか否かを税務署が事業の実態を見て判断しますので、ご注意ください。

公益社団法人とは、一般社団法人のうち、公益事業を主たる目的としている法人で、申請により民間有識者から構成される委員会等で公益性を認定された社団法人のことです。

一般社団法人のワンランク上の社団法人と考えるとわかりやすいでしょう。

尚、この公益社団法人はいきなり公益認定を受けられるわけではなく、まず一般社団法人を設立し、次に公益認定の申請を行うことになります。(既存の公益法人に関しては、平成25年11月30日までに「公益社団法人」になる為の移行認定申請を行うか、又は公益性の認定を受けない「一般社団法人」への移行認可申請を行なう事ができます。)

行政庁より公益認定を受けると、「公益社団法人」という名称を独占的に使用する事ができ、公益社団法人へに対する寄附を行う個人及び法人への税制上の優遇措置が受けられます。従って、法人への寄付金も集まりやすくなると言えるでしょう。

Source: http://www.kit-manual.com/shadan/



動画を見ます 社団 法人 設立 費用

中央区・港区の会社設立!誠実な手数料0円とは?KK総額20万円の秘密!

詳細について 社団 法人 設立 費用

一般社団法人について

平成20年12月1日から、公益法人制度改革に伴い、一般社団法人を設立することができるようになりました。

一般社団法人は、非営利団体を対象とした法人制度の一つで、営利を目的としない団体(人の集まり)であれば、これを一般社団法人として法人化させることができるものです。(もちろん、団体結成と法人化とを同時に行うこともできます。)

なお、ここで「非営利」「営利を目的としない」とは、社員(団体の構成員)に対する剰余金の分配を行わない、すなわち、株式会社の株主配当に相当することを行わないという意味であり、収益事業を行い利益を得ることや、役員報酬・従業員給与を支払うことなどは、全く問題ありません。

また団体と言っても、その社員は設立時に2名以上いればよく、設立後は1名まで減っても存続可能ですので、小規模な団体であっても、一般社団法人として法人化させることができます。

この一般社団法人には、次のような特長があります。

多様な事業活動に対応

一般"社団"法人という呼び名から、公益事業のための制度のようなイメージがありますが、他の法律で禁止されていない限りは特に事業内容について制約はなく、公益事業はもとより、株式会社のように収益事業を営むことも、協同組合や中間法人のように共益的事業(会員共通の利益を図る活動)を行うことも可能です。 そのため一般社団法人は、様々な事業の法人化に活用できる制度であるほか、最近注目を集めている「社会起業」「社会的企業」にマッチする唯一の法人制度でもあります。

少人数・少資産でも設立可能

前述のとおり、一般社団法人は社員2名から設立可能であり、また役員は、後述する公益社団法人に移行しない限りは、理事(株式会社の取締役に相当)が1名いればよいため、少人数での設立が可能です。

また一般社団法人には、かつての株式会社のような最低限必要な資産についての制限は全くありませんので、極端なことを言えば、資産0円であっても設立が可能です。

税金の優遇を受けることも可能

公益事業をメインに行う一般社団法人は、一定の基準を満たせば、「公益認定」を受けることにより「公益社団法人」となることができ、法人税や登録免許税等について大幅な優遇を受けることが可能となります。

また、一般社団法人のままであっても、非営利性を徹底している場合や、共益的事業がメインであり一定以上の非営利性を確保している場合には、「非営利型一般社団法人(非営利型に該当する一般社団法人)」という扱いになり、NPO法人等と同様に収益事業以外の所得には課税されないこととなります。

なお、いずれにも該当しない場合には、株式会社などと同様、全ての収入が課税対象となります。

公益法人への移行が可能

前述のとおり、一定の基準を満たす一般社団法人は、公益認定を受け公益社団法人となることができ、公益性をアピールできるようになります。

また、従来の社団法人や財団法人と同様に、税金の優遇を受けることが可能となります。

Source: http://ishs.office-segawa.com/

Leave a Replay

Submit Message