アフィリエイト!「法人成り」儲け@2万円「会社設立」の士業独占業務

法人 設立 必要 書類

登記完了後、まず会社の口座開設を行う必要があります。売上の入金や支払いなどを行うことができるので、早速手続きに着手しましょう。また、口座開設のほかに行うべき手続きは4つあります。いずれにおいても、登記事項証明書の添付が必要なので、登記完了後に行うことになる手続きです。

許認可関係の手続き(必要な業種のみ) 創業融資の手続き 税務関連の届出の提出 労務関係の届出の提出

上記のなかで、注意が必要なのは「許認可関係の手続き」です。許可が下りるまでに時間を要するので、後回しにすると事業のスタートが大幅に遅れることもあります。飲食業やホテル業など許認可が必要な業種であれば、優先的に進めるようにしましょう。

「創業融資の手続き」も、設備資金や運転資金の面から、できるだけ迅速に進めたいところです。また、起業のタイミング次第では、創業補助金を公募していることも考えられます。そういった応募も手続きも併行して進めておくと、資金面で大きなバックアップにつながります。

創業融資については『創業融資のまとめ(日本政策金融公庫と自治体の制度融資)』を参照してください。

ビジネスはスピードが重要です。上記の書類手続きを迅速に行うことで、事業に集中する環境をいち早く獲得しましょう。

Source: https://www.kaike1.com/company/procedure-c/company-formation-taxdocument



動画を見ます 法人 設立 必要 書類

アフィリエイト!「法人成り」儲け@2万円「会社設立」の士業独占業務

詳細について 法人 設立 必要 書類

投稿 2014/06/26 編集 2015/02/24 会社設立後の税務関連の届出必要書類と提出先を教えてください ツイート 会社設立をされたら、税務関連と保険関連の届出を行います。 税務関連の届出必要書類は、以下の通りになります。 法人設立届 青色申告承認申請書 給与支払い事務所等の開設届出書 源泉所得税の納期の特例に関する申請書 消費税の新設法人に該当する旨の届出書 1~5の書類はすべて税務署にて提出を行い、1.法人設立届に関しては、税務署・県税事務所・市役所それぞれに提出を行わなければいけません。

会社設立後の手続き

登記申請が完了し、会社が無事に設立出来ましたら、次に税務関連と保険関連の手続きを行わなければいけません。それぞれ必要書類とその提出先が異なりますので、事前に確認し準備をしていきましょう。 会社設立の本当のゴールはこれらの手続きが終わってからとなりますので、ご注意ください。

今回は税務関連の届出必要書類をご案内します。

税務関連の届出必要書類と提出先

税務関連の手続きは、税務署、県税事務所、市区町村の役所それぞれに必要書類の提出を行わなければいけません。

 税務署届出書類

まず、税務署に提出する必要書類は以下の通りです。

1.法人設立届

法人設立届は、その名の通り会社を設立したことを税務署に届け出る書類となります。設立日から2か月以内に提出しなければいけません。

2.青色申告承認申請書

法人税の申告を青色申告にて行う場合は、「青色申告承認申請書」の提出を事前にしておかなければいけません。個人事業時代から青色申告を行っていた場合でも、再度提出をしなければいけませんのでご注意ください。提出期限は、「会社設立日から3か月経過した日」、「設立初年度の終了日」のどちらか早い日の前日までとなっていますが、設立届とあわせて提出をしておくといいでしょう。

3.給与支払い事務所等の開設届出書

給与支払があることを届け出る書類になります。たとえば、従業員が0人で社長のみで経営している場合も、社長本人に給与として支払をすることになりますので、この届出は必要となります。提出期限は、会社設立日から1か月以内となっています。他のものに比べ早い期限ですのでご注意ください。

4.源泉所得税の納期の特例に関する申請書

通常、従業員の給与から天引きをして徴収している源泉所得税は、徴収月の翌月に納付をしなければいけないと決まっています。ただし、従業員が10名未満の場合、「源泉所得税の納期の特例に関する申請書」の提出をすると、半年に1回まとめて納付をすることが認められています。

5.消費税の新設法人に該当する旨の届出書

Source: https://www.yayoi-kk.co.jp/kigyouka-ouen/basis/before-documents.html

Leave a Replay

Submit Message