あやまんJAPANが会社設立

株式 会社 設立 期間

 TOP > 株式会社設立マニュアル

資本金の払込資本金の払い込み

定款の作成⇒認証の手続きが終わりましたら、本格的な会社設立の作業に入ります。

まずは、資本金の払い込みを行ない、払込証明書を作成します。

まず、発起人の個人口座に資本金を振込します。 発起人が複数の場合は代表者を1名決めてその代表者の口座に振込します。

資本金の払込口座は、出来れば、新規開設した方がいいでしょう。 また、既存の口座を使用する場合は、残高をゼロにしておいた方がいいです。

発起人が単独の場合には、「預入れ」で大丈夫です。 ただし、発起人が複数の場合には、それぞれの発起人の方が、 ご自身の名前で、定款に定めた現金出資の金額を振込して下さい。

※資本金の払込みを行なえるのは、 銀行、信託銀行、信用金庫、信用協同組合、 農業協同組合、商工組合中央金庫、労働金庫、 などです。

なお、郵便局の口座は、以前は利用出来ませんでしたが、 現在は民営化してゆうちょ銀行となったため、利用が可能です。

ネット専業銀行(イーバンク銀行やジャパンネット銀行)の場合も、 インターネットの履歴画面をプリントすることで、利用が可能です。 ※ただし、法務局によっては、登記官の判断で認めてもらえない  場合もあるようですので、事前に法務局にご確認された方がい  いかも知れません。

発起設立の場合

まず最初に、A4用紙で「払込証明書」を作成します。 そして、 総額、株数、1株の価額、通帳に記載された振込総額、 等、各項目すべての計算が合っているか確認します。 証明書の日付が一番最後の振込日以降の日付になっているか確認します。

※払込証明書のひな形 MicroSoftWord(ワード)形式

こちら→   払込証明書 haraikomishoumeisho.doc

次に、通帳のコピーを取ります。 これも「払込証明書」と同じA4用紙を使用して下さい。

A4用紙の中央に通帳のコピー(表紙・1ページ目・振込が印字されたページ、の3枚)をとります。

そうしたら、払込証明書と、その下に通帳のコピー(表紙・1ページ目・振込が印字されたページ、の3枚)を重ね、合計4枚をまとめて、左側を2カ所、ホチキス(ステイプラー)で綴じます。

最後に、払込証明書と通帳のコピーの、すべてのページの繋ぎ目に代表者印で契印すれば、完成です。

※従来は、銀行から「払込金保管証明書」を発行してもらわなければ  なりませんでした。  その為、取引実績がないと断られる場合もありました。  しかし、現在は、新会社法により、発起設立の場合には、上記の  とおり、「払込証明書」で対応可能です。

なお、払込証明書は、会社の設立登記を申請する際、登記申請書に添付する書類ですので、間違いのないよう、注意して作成して下さい。

募集設立の場合

募集設立の場合は、払込取扱機関へ株式申込事務取扱委託をします。

募集設立の場合は、発起設立と違い、 出資金の払込をする者(=株式を引き受ける者)が発起人以外に存在します。 その為、払込事務を取り扱っている金融機関へ事務取扱の委託を行い、 金融機関により、出資金の払込がなされたことの証明書(保管金証明書)を 発行してもらわなければなりません。

※株式払込事務を取り扱っているのは、  銀行、信託銀行、信用金庫、  信用協同組合、農業協同組合、  商工組合中央金庫、労働金庫、  などです。  ネット専業銀行(イーバンクやジャパンネット銀行)では  取扱しておりません。 ※事務の委託申込に必要な提出書類は、金融機関によって異なりますが、  概ね、  定款・株主名簿・発起人会議事録、  発起人総代の印鑑証明書・株式申込証、  などになります。

会社設立手続マニュアルのトップページへ戻る

会社設立代行についての詳細はこちら

Source: http://www.oc-tax.biz/platinum.html



動画を見ます 株式 会社 設立 期間

あやまんJAPANが会社設立

詳細について 株式 会社 設立 期間

税理士法人OCパートナーズ(以下「弊社」)は、個人情報の保護に関する法令の規定等を踏まえ、弊社の保有する個人情報に関する方針を次のとおり定めます。

1.個人情報の保護に関する法令等を遵守します。

2.個人情報の収集及び利用については、税理士業務及びその関連する業務において必要な   範囲に限って行います。   その他の目的で、個人情報を利用する場合には、その都度利用目的をお伝えします。

3.法令に定める場合を除き、個人情報を本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

尚、税理士は税理士法第38条においても、厳しく守秘義務が課せられております。 また、個人情報保護法第21条・第22条に定める通り、弊社に存在する個人データを弊社の従業者または外部委託先が取り扱う場合、当該個人データの安全管理が図られるよう必要かつ適切な監督を行います。

Source: http://www.e-gyoseishoshi.com/kaisha0b14.htm

Leave a Replay

Submit Message