株式 会社 設立 方法

株式 会社 設立 方法

合同会社設立法 わかりやすい合同会社LLCの作り方とは?

詳細について 株式 会社 設立 方法



会社を設立するためには、様々な書類の提出や手続きがあって長い時間をかけて準備すると思っている方も多いことだろう。もしくは、会社設立に関する専門知識がないと自分一人では到底手続きは出来ないと思っている方も多いだろう。

しかし、実は自分一人で手続きができる上に、たった1日で会社を設立することができる方法がある。今回は、とにかく早く株式会社を設立して事業を開始したいというあなたのために、わたしが知りうる最も早い株式会社の設立方法をご紹介しよう。

 タイトルに書いた1日というのは条件が整わなければ不可能だ。しかし、何の事前の準備もない状態で朝目覚めたとしても、その日のうちに株式会社の社長になる方法はある。それをこれからご紹介したい。

Contents 1.いますぐ株式会社を設立するためのスケジュール  2 いますぐ株式会社を設立する場合の条件  2-1 どんな株式会社を設立するのか 2-2 電子定款を利用する 2-3 地域が限定される 3 いますぐ株式会社を設立するために用意する必要 があるもの  3-1 用意する必要があるもの  3-2 必要な手数料  3-3 手数料以外に必要な資金  3-3-1 資本金 3-3-2 株式会社設立に伴う各種事務手続の報酬  3-4 最短1日コースならではのデメリット  4 いますぐ株式会社を設立するための手順 4-1 印鑑証明書の入手  4-2 定款作成 4−2−1 「ひとでき」にユーザー登録する。 4−2−2 新規株式会社登録  4−2−3 役員構成設定 4−2−4 会社情報入力 4−2−5 資本金・事業年度の決定 4−2−6 本店所在地 4−2−7 事業の目的 4−2−8 取締役 4−2−9 発起人 4−2−10 出資金 4−2−11 入力内容のチェック  4-3 電子定款の作成 4-3-1 コースを選択する 4-3-2 料金の支払い 4-3-3 電子定款の作成依頼 STEP1 依頼者情報入力 STEP2 定款作成日指定 STEP3 設立希望日指定 STEP4 事業年度確認 STEP5 事業目的確認 STEP6 公証役場選択 STEP7 最終確認 4-3-4 行政書士へ必要情報の送信 4-3-5 公証役場の予約 4−4 定款認証  4-5 資本金の払込 4-5-1 資本金の払い込み方法 4−5−2 今すぐ設立だけの裏ワザ〜定款認証の前に振込〜 4-5-3 通帳のコピーを取る  4-6 登記申請書類の用意 4-6-1登記申請書類の印刷  4-6-2 登記申請書類への捺印  1.株式会社設立登記申請書 2.本店所在地決議書 3.就任承諾書 4.払い込みがあったことの証明書 5.別紙(OCR申請用紙) 6.印鑑届書  4-7 法務局に登記申請に行く 5.まとめ

1.いますぐ株式会社を設立するためのスケジュール

株式会社の設立手続の最終ゴールは法務局への登記申請だ。 この申請の終了時刻が17時15分。 朝から作業を開始して、この時間までに書類を揃えて法務局に提出することが出来れば、 わずか1日で株式会社が設立出来る。 ただ1日で株式会社を設立するとなると多少の前提条件がある。条件については。2-1で説明する。

逆算すると、1日のタイムスケジュールは次のようになる。

① 10時頃までに、自分の印鑑証明書を2部入手 ② 11時頃までに、定款作成完了 ③ 13時頃に、公証役場にて定款認証手続 ④ 15時までに、資本金の振込※ ⑤ 17時15分までに、法務局へ登記申請書の提出

Source: http://kaisya-tsukuro.net/cost.html



会社の種類

現在、日本の会社には「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4種類があります※。 この4種類のうち「合名会社」「合資会社」は現在作る人はまずいないといっていい状態のため無視します。 ※以前は有限会社もありましたが、2006年5月に廃止され、新たに作ることはできなくなりました。 残る2つのうち、圧倒的にメジャーなのが株式会社です。誤解を恐れずに言うと、会社設立=株式会社というイメージすらあるのではないでしょうか。 「会社をつくりたい」という方の多くは、株式会社を設立することになると思います。 また、もう一つの有力な選択肢が合同会社です。これは2006年5月に出来た新しいタイプの会社です。 設立費用が株式会社よりも安いことや、利益分配が柔軟にできることから、少人数での起業に適しているとされており、近年設立が増加しています。 以下に株式会社と比較した特徴をまとめました。

会社設立にかかる費用

必要な費用を表にまとめました。専門用語が並んでますが、気にせず金額だけ見て下さい。 「紙の定款の場合」と「電子定款の場合」とで金額が変わっていますが、当サイトでは安い電子定款を使うやり方を解説していきます。

 ※株式会社、合同会社とも他に定款や登記簿の謄本等で数千円がかかります。

説明を読んで、株式会社または合同会社をつくることを決意されたという方は、ご自身に合った会社設立を行っていただくためにも、設立の手続きに入る前に 「会社設立「自分でやる」VS「専門家に依頼」どちらがおトクなの?」へと進んでください。

会社設立「自分でやる」VS「専門家に依頼」どちらがおトクなの?へと進む

Source: http://kigyou-no1.com/shortest-distance-foundation-614

Leave a Replay

Submit Message