株式会社の設立に必要な資本金の最低金額は?岐阜県の設立相談対応

株式 会社 設立 資本 金

株価を決めましょう

会社の設立にあたり、株価を決める必要があります。

株価とは、一株あたりの価値のことです。 株価といわれると、通常、東京証券取引所などで取引されている株価を想像されるでしょう。 東京証券取引所では、上場株式を買いたい人と売りたい人がいて、それぞれの希望価格が一致したところで取引が成立し、株価が形成されていきます。 では、上場していないどころか、これから設立する会社の株価はどうやって決まるのでしょうか。 答えは、発起人が適当に決めるのです。 一株千円でもいいですし、100万円でもいいです。決めた価格が株価となります。 決めた株価で、発起人がそれぞれ何株引き受けるかを決めれば、それぞれの払込額が決まり、そしてその合計額が設立時の資本金の額となります。 資本金の総額と分割数を設立時に自由に決めることができるので、当然に株価は発起人が自由に決めることができるということになるのです。

たとえば、株価を1万円として、発起人Aが300株、発起人Bが100株、発起人Cが100株引き受けとなれば、それぞれ、300万円、100万円、100万円を払い込み、会社の資本金は500万円となります。そして、設立時の発行済み株式総数は、500株となります。 ちなみに、発行可能株式総数を1000株としていれば、今後500株を株主総会の特別決議なしに発行することが出来るということになります。

それでは、株価は大きい方が良いのでしょうか。それとも小さい方が良いのでしょうか。 答えはどちらでも良いでしょうけど、出資者が払いやすい単位にするのがよいでしょう。 10万円しか出資できない人にとって、株価50万円や100万円は大きすぎますね。 1万円くらいが丁度良い単位なのではないでしょうか。

将来増資した場合は株価はどうなるのかを聞かれることがあります。 株価は、設立時に決めた金額でしょうか。 ちがいます。株価は、増資時点での企業価値を発行済み株式総数で割った金額が株価となります。 ですから、増資時点での企業価値をいかに測定するかがポイントとなります。

このあたりはバリュエーションといって、専門的なお話になってきますが、簡単に言うと、増資時点で、その会社が今後どれだけのキャッシュを生み出すかを見積もり、それをその時点の現在価値に割り引くという作業を行って算定します。 将来稼ぐキャッシュの見積もりはとても難しいですので、結局は株の売り手である会社または既存株主と買い手である増資の引き受け者との交渉となります。普通の物の売買と同じですね。

ベンチャーキャピタルの出資を受けるお客様がいますが、この場合は、最初にベンチャーキャピタルを入れずに会社を設立し、設立後、上記のようにして算定した株価でベンチャーキャピタルに払い込んでもらいます。 ですから、経営者は一株1万円で払い込みますが、ベンチャーキャピタルは一株10万円で引き受けるというような事が起きます。そのようにして経営者のシェア(持ち分)確保するのです。

これも結局は、力関係で株価が決まりますので、ベンチャーキャピタルが出資したがれば、株価は上がりますし、経営者が是非とも出資して欲しいということになれば、株価は下がります。ベンチャーキャピタルを利用する方は、この力関係に気をつけましょう。これですべてが決まると言って過言ではありません。

Source: http://aoiro-kaikei.tokyo/blog/company/paid-in-capital/



動画を見ます 株式 会社 設立 資本 金

株式会社の設立に必要な資本金の最低金額は?岐阜県の設立相談対応

詳細について 株式 会社 設立 資本 金

払込資本金とは、株主が、株式と引き換えに会社に対して支払った金銭や現物のことをいいます。

この払込資本金は、資本金と資本準備金によって構成されます。

以下では、この払込資本金について解説をしてまいります。

払込資本金とは?

株式会社を設立しようとする場合、発起人(株式会社を設立しようとする人たち)は、株式と引き換えに、金銭や現物を会社に出資しなくてはなりません。

この発起人たちが出資した財産が、会社設立時の資本金となります。

そして、このように株主が会社に払い込んだ資本のことを払込資本金といいます。

払込資本金の具体例

例えば、会社設立時の発行株式を1,000株とし、発起人がA、B、C、D、Eの5人であったとします。

設立時の資本金の金額を1,000万円(1万円/1株)、発起人1人につき200株ずつ引き受けるとします。

また、払い込みは全て金銭で行うことにします。

この場合、発起人A、B、C、D、Eは、各200株ずつ引き受けるので、対価として1人200万円づつ、合計1,000万円を株式会社に支払います。

払い込まれた金銭の全額を資本金に計上すると仮定すると、設立時の会社の資本金は1,000万円になります。

この1,000万円が払込資本金です。

資本金とは?

資本金とは、会社が発行した株式を購入した者が、株式の対価として会社に支払った金銭や現物のことをいいます。

なお、会社の株式を購入した者は、購入後は、会社に対して一定の権利を行使できるようになります。

資本準備金とは?

ところで、株式の発行と引き換えに、株主から払い込まれた金額の100%を資本金として計上する必要はありません。

会社法では、会社に払い込まれた金額の1/2を超えない金額については、資本金に計上しないことができると規定しています。

また、同時に、会社に払い込まれた金額で資本金に計上しなかった金額は、資本準備金として計上しなくてはならないとも規定しています。

たとえば、会社に払い込まれた金額が1000万円だとすると、500万円までは、資本準備金として計上することができます。

つまり、株式の発行と引き換えに、株主が会社に払い込んだ資本(お金や現物)のうち、資本金として計上されなかった部分が、資本剰余金であるということになります。

払込資本金はどうしてすべて資本金で計上しないの?

例えば、設立時の株主の払込金額を1,000万円とし、その全額を資本金に計上したとします。

しかし、初年度に会社が300万円の赤字を計上したとします。

すると、その300万円を、資本金の取り崩しにより、埋め合わせをしなくてはなりません。

資本金は1,000万円から700万円となります。

この手続きを減資といいますが、この手続きを頻繁に行うと、会社の信用が落ちます。

取引の停止や銀行の融資がストップしたりします。

そこで、設立時の払込資本のうち、500万円を資本金、残りの500万円を資本剰余金とします。

すると、初年度300万円の赤字が発生しても、資本剰余金を取り崩して対応できます。

資本金や減資があったことは商業登記簿に記載されますが、資本準備金はそれに記載されません。

払込資本金を資本金と資本準備金に分けて計上しておけば、少々の赤字によって資本金が減額することを防止することができます。

まとめ

払込資本金とは、株主が会社に払い込んだ現金や現物のことです。

しかし、払込資本金がすべて資本金になるというわけではなく、半分は資本準備金にすることができます。

払込資本金 ≠ 資本金 であることは覚えておきましょう。

Source: http://setsuritsu-hakase.com/47.html

Leave a Replay

Submit Message