会社設立の流れの説明

株式 会社 設立 の 流れ

会社設立で有効的に時間を使うためにするべき活動 > 最近の投稿 > 株式会社設立の流れ

株式会社設立の流れ株式会社設立の大まかな流れを把握しよう

株式会社設立のための作業は事前にしっかりと計画を立てた上で実行に移すことが重要ですが、計画を立てるにあたっては、一般的な株式会社設立までの大まかな流れを把握し、これをもとに計画づくりを始めていくと良いです。

株式会社設立の作業は、数ヶ月から1年程度の期間でじっくり行われるのが一般的です。株式会社設立作業の大まかな流れを述べると、まず最初に行われなければならないのは、会社設立にあたって必要な事項の決定です。

これを全て固めておかなければ、定款認証の手続きに移行できません。会社設立あたって必要な事項はたくさんありますが、最低限決定しておくべき事項としては、商号(企業名)、事業目的、会社の本店所在地とそのスペースの確保、資本金とその調達方法、会社に設置する機関、事業年度、会社で使用する代表者印・銀行印・角印などの印鑑の調達先などが挙げられます。

これらを決定するのと並行して、定款認証や設立登記申請で必要となる会社の発起人(出資者)全員の印鑑登録証明書も、この段階で集めておくと良いです。

必要事項を決定したら定款を作成していきます。定款の内容は会社法の規定に反しないように作成しなければなりません。近年はインターネット上で定款のサンプルを掲載して解説を行っているサイトも多いので、それを参考に作成していくと良いです。

定款の内容を作成し終わったら、公証役場に持っていくために3部製本をしておきます。

定款作成後は発起人全員で公証役場へ行って定款の認証手続きを行います。

この手続きでは、製本した定款と印鑑登録証明書の他に、認証手数料や印紙代、定款の謄本交付手数料などが支払えるだけのお金の準備も必要です。当日スケジュールが合わない発起人がいる場合は代理人をたてる必要があります。

定款が認証された後は、いよいよ株式会社の設立登記申請の作業です。登記申請は本店所在地を管轄する法務局で、会社の代表者本人が行われなければなりません。申請時は、登記申請書や定款、資本金の払込を証明する書面、印鑑登録証明書、就任承諾書、印鑑届書など、多くの書類が必要です。登記の申請から完了までは1週間程度の時間を要します。登記が完了したら、登記事項証明書の取得を忘れないようにしましょう。

登記の完了後、税務署や労働基準監督署、公共職業安定所などの行政機関に様々な届出を行い、全て終了すれば株式会社設立にあたって行う作業は全て終了となり、会社の運営をスタートすることができます。

株式会社設立のための作業は上記のようにたくさんあり、中には期限が設けられているものもあります。滞り無く設立作業を終えられるように、なおかつ設立後のトラブルが無いように、一つ一つの作業は着実に行いましょう。

←「会社設立後の維持費」前の記事へ 

Source: http://nagoya-joseikin.net/page-825/page-827



動画を見ます 株式 会社 設立 の 流れ

会社設立 手続きの流れ 設立に必要な費用は?税理士法人Yuse

詳細について 株式 会社 設立 の 流れ

名古屋資金調達サポートセンター > 会社設立について > 株式会社会社設立手続きの流れ

株式会社会社設立手続きの流れ

株式会社を設立するまでの流れを確認していきます。

1.株式会社の基本事項の決定

株式会社の設立時には、株式会社の商号を決定します。 商号とは社名になります。 この商号の前か後に必ず、株式会社の文字を入れます。 商号は、会社の顔なので、できるだけ覚えやすいものがよいでしょう。

次に、株式会社の事業目的です。事業目的とはどんな事業を会社が行う予定であるかを示します。 特に、レンタカー事業など、あらかじめ許認可が必要なものは事業目的を決めておく必要があります。 また、株式会社の本店の所在地と事業年度です。株式会社の本店の所在地とは、会社の拠点をどこに置くかを示します。

また、事業年度とは、会社の年間の営業期間の区切りで、決算書を提出する基準期間となります。 例えば、平成27年1月1日がスタートなら平成27年12月31日(決算日)までが1事業年度になります。 この株式会社の本店の所在地が、税金を納税する時の納税地になります。 そして、決算日から2ヶ月以内に納税地を管轄する税務署に納税を行います。 これらの株式会社の基本事項は、全て、定款に記載していきます。

2.印鑑の作成

株式会社の設立にあたっては、印鑑の作成が必要になります。 具体的には、会社の実印、社長個人の実印、銀行印、社印になります。これらの印は、印鑑証明書や税務署への届け出書類に必要になります。

3.定款の作成

定款とは、株式会社として活動する上での規則を記載した書類になります。 定款を作成したら、公証人役場で認証されなければなりません。

定款の認証とは、公証人に定款をチェックしてもらう手続きです。定款の認証を行う公証人役場は、本店の所在地と同じ都道府県です。

例えば、千葉県に本店があれば、千葉県内の公証人役場になります。よって、事前に本店の所在地の公証人役場の場所を調べてくおかなければなりません。

4.資本金の払込

定款認証後に、資本金の払い込みを行います。 株式会社の設立は資本金1円でも可能ですが、設立時と開業準備に要する費用で、最低でも20万円前後で設定するのが妥当でしょう。

5.設立登記の申請

資本金の払い込みの完了後、法務局に設立登記の申請を行います。会社設立の年月日は、法務局に設立登記の申請をした日になります。 設立登記に必要な申請書類は、代表取締役の印鑑証明書、認証を受けた定款、資本金の額の計上に関する証明書などになります。

6.まとめ

株式会社の設立までには、様々な手続きと手間が必要なため、1ヶ月程度の期間を見込んでおくべきでしょう。

株式会社会社設立手続きの流れ 株式会社設立の注意点 株式会社設立後の手続き 株式会社会社設立は自分でできるか

新着情報 2015/11/15 お知らせ オススメ助成金 キャリアアップ助成金の紹介 2015/11/09 お知らせ 推薦者の声をいただきました 2015/11/04 お知らせ 評価制度や教育研修制度を導入したい方へ 2015/11/01 お知らせ 名古屋の助成金HPを公開致しました。

Source: http://bluespringswallthatheals.net/flow/

Leave a Replay

Submit Message