【会社法第30条~第34条】(株式会社>設立>定款の作成、出資)アナウンサーのわかりやすい条文朗読

株式 会社 設立 定款

【会社法第30条~第34条】(株式会社>設立>定款の作成、出資)アナウンサーのわかりやすい条文朗読

詳細について 株式 会社 設立 定款



会社設立の流れ!株式会社設立に必要な資料と流れについて

今回は、自分で会社設立したいねんって方向けの株式会社設立の流れと株式会社設立に必要な資料についてです。 通常は、専門業者(弊社を含む)にお願いした方が、定款に貼付する印紙とかがいらなくなるので、そちらをおすすめしますが、どうしても自分で設立手続きしたいねん!って方もやはりおられますのでその方向けのご説明です。今回の記事の担当はFirstStepの小松宣郷です。

1.株式会社設立に必要な資料

株式会社設立には、事前に用意しないといけない資料等と、作成が必要な資料がたくさんあります。 どの場面で必要になるかは株式会社設立の流れで説明させていただきますので、ここでは事前に用意する資料と作成する資料について説明させていただきます。

1-1 事前に用意が必要なもの2-2 作成する必要があるもの2.株式会社設立の流れ

株式会社設立の流れは、まず、定款を作成し、公証人役場で定款の認証をしていただき、資本金を振込み払込証明書を作成し、法務局に設立登記を申請するという流れになります。各々の場面で必要な手続きと資料を説明していきます。

2-1 定款の作成

定款のフォーマットなど設立の書式はアマゾンなどで購入できますが、公証人連合会に定款のフォーマットがありますのでそちらをコピーペーストで作成する方が費用もかかりませんし、定款認証でつまずくことが少ないのでいいと思います。

Source: http://www.ozu100.jp/articles.html



会社設立について 面倒そうな「会社設立」について、判りやすくまとめてみました!

定款とは

会社を設立するときには「定款」というものを必ず作らなければいけません。 定款とは、社団法人(会社・公益法人・協同組合等)・財団法人の目的・組織・活動・構成員・業務執行などについての基本規則(実質的意義の定款)、また、それを記した書面・記録(形式的意義の定款)です。 社団法人とはいえないような特殊法人(日本銀行等)の根本規則も定款と呼ばれます。 定款の記載事項としては、以下の分類があります。

一般社団法人(一般法人法)一般財団法人(一般法人法)株式会社

定款は公証人役場というところで認証を受けて初めてその効力を発します。 公証人役場で認証を受けることを「定款の認証」といいます。

電子定款

紙に印刷、製本されたものを定款とされてきましたが、電磁的記録による定款も認められるようになってきました。 これは、PDF文書で作成されたものをいいますが、予め取得した電子証明書を用いて電子署名を行います。この、電子署名を付けたPDF文書を電子定款と呼びます。

紙の定款を認証してもらう場合、かかる費用

公証人手数料 5万円 印紙税(収入印紙) 4万円

公証人手数料 5万円 印紙税(収入印紙) 0円 となり、4万円の節約が可能となります。

但し、電子定款を作成するための住基カード、電子証明書、ICカードリーダライタ、PDF作成用ソフトなどの自分で準備を整えようとすると、それだけで数万円かかってしまう場合もあります。 ご自分の現状にあわせ、1度の定款認証のためだけであれば、行政書士に電子定款作成代行を依頼することも節約の1つになるかもしれません。

Source: https://www.firstep.jp/blog/archives/3422/%e4%bc%9a%e7%a4%be%e8%a8%ad%e7%ab%8b%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c

Leave a Replay

Submit Message