NEC、レノボと合弁会社設立。記者会見後の遠藤信博社長の囲み 2/2

合弁 会社 設立

NEC、レノボと合弁会社設立。記者会見後の遠藤信博社長の囲み 2/2

詳細について 合弁 会社 設立



ベトナムで会社設立するために知っておきたいポイント

・ベトナムに会社設立(法人設立)する際の進出形態とそれぞれのメリット・デメリット

・ベトナムで会社設立(法人設立)するための11ステップ

・ベトナムで会社設立(法人設立)するために必要な書類・準備

ベトナムでの会社設立について相談先を見つける

・ベトナムの会社設立に詳しい専門家一覧を見る

ベトナムに進出する際の進出形態としては、「現地法人」、「駐在員事務所」、「支店」、「プロジェクト企業」の4種類があります。

日本企業がベトナムに進出する際はほとんどの場合、「現地法人」を設立しています。ただ、ベトナムで法人設立する際はいくつかの法人形態があり、状況に合わせて選択する必要があります。

現地法人設立の次に、進出形態として多く選ばられているのが「駐在員事務所」です。設立手続きが現地法人の設立に比べて短期間・低コストで設立できます。ただ、活動内容は大幅に制限され、「市場調査」「本社との連絡業務」「本社とベトナム企業間での契約内容の監督」「ベトナム企業との事業提携」といった、一部の活動しかできません。営業や契約締結など、売上を出す行為などは禁止されているため、ご注意ください。

「支店」に関しては、活動内容には制限をほとんど受けず、現地法人と同様の活動が可能です。ただ、ベトナムで支店開設が可能な業種は、銀行や法律事務所などの、ごく一部の業種に限られるため、ほとんどの場合、支店開設による進出を検討する必要はないでしょう。

ベトナムには、「プロジェクト企業」という進出形態もあります。ただ、インフラ建設などの特殊プロジェクトの場合に限られるため、今回は説明を省かせて頂きます。

下記が、「現地法人」、「支店」、「駐在員事務所」の主な違いになります。

ベトナムで日本企業(日本人)が現地法人を設立する際の会社設立形態も下記の3種類に分かれています。

[有限責任会社(LLC):出資者が1名の場合]

日本で言う有限会社で、その中でも、出資者が一人の場合の会社設立形態です。個人でも法人でも設立可能で、日本法人が設立する出資する場合は必然的に外資100%の子会社になります。そのため、外資規制のない業種での進出の際に適しています。

[有限責任会社(LLC):出資者が2名以上の場合]

日本企業がベトナムに進出する際の8割はこの形式で会社設立しています。特に、現地企業や現地パートナーとの合弁会社を設立する際、つまり、外資規制で資本比率などの規制がある場合に、この法人形態を利用して進出する企業が多いようです。出資者は最大50名まで可能です。

[株式会社(JSC):出資者は3名以上]

日本の中小企業がベトナムで会社設立する際、株式会社の形態を利用することは多くありません。理由としては、有限責任会社と比較して管理運営コストが高いこと、出資者が3名以上必要なこと、出資者が多くなると経営判断のスピードが遅くなることが挙げられます。

Source: http://www.yappango.com/keywordpage/vietnam_company.html



当社は、株式会社サンエー(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役社長:上地 哲誠、以下「サンエー」)との間で、沖縄県内における新たな商業施設の運営事業などを行うための合弁会社を設立することに合意しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

沖縄県は、人口の増加や年間800万人を超える国内外観光客の来県により県内消費が順調に拡大しており、今後も那覇空港滑走路増設や西海岸地域での幹線道路の機能強化など主要なインフラ整備が計画され、国際的にも注目を集めております。

沖縄県内においてスーパーマーケット事業を中心に外食レストラン事業、合弁子会社によるコンビニエンスストア事業などを展開するサンエーが、同社の連結子会社(株式会社サンエー浦添西海岸開発、サンエー100%子会社)により沖縄県浦添市内において計画している新たな商業施設(以下「浦添西海岸計画」)は、「那覇港浦添ふ頭地区第一ステージ都市機能用地事業」として出店予定の県内有数規模の大型ショッピングセンターであります。この場所は、浦添市西海岸地区に位置し那覇空港や那覇港クルーズ船ターミナルからの優れたアクセスを持つことから、沖縄県内広域及び県外・国外からの入域観光客などの多様な集客が期待できます。

今回、浦添西海岸計画に関し、サンエーが沖縄県内の小売・外食事業などにより培ってきた豊富な経営資源や信用力と、当社の都市型ショッピングセンター運営ノウハウを結集するなど、各々の強みを最大限に発揮することで、魅力ある新たな商業施設を創造することを目的とし、その企画・運営を共同で行うための合弁会社を設立することについて合意に至りました。

2. 浦添西海岸計画(新商業施設)の�

Source: http://www.parco.co.jp/news/detail/?id=629

Leave a Replay

Submit Message