高品質な会社設立とは、税法上で有利な条項を組込んだ会社設立サービス

合同 会社 設立 登記 申請 書

高品質な会社設立とは、税法上で有利な条項を組込んだ会社設立サービス

詳細について 合同 会社 設立 登記 申請 書



はじめまして、会社設立サポーターを運営しております㈱ARK CONSULTING代表の吉田です。 起業家支援の一環として、皆様の新しいスタートのお役に立てればと思い、このサイトを立ち上げました。 私は2007年に公認会計士・税理士として独立してから100社以上の会社の設立に関わらせていただき、多い時には1日に3社以上の会社設立を支援させていただくということもありました。そのように多くの会社設立に関するなかで思ったのが、 「会社設立を希望される方に説明していることの90%は同じことを話している」 という事実です。会社設立に来た方に一言一句かわらず説明している姿はテープレコーダーの様であり、創造的な仕事ではなく、非効率であるように思えました。また私も仕事である以上、その説明の時間に対して少なくない報酬をお客様にご負担していただいておりました。私にとってもお客様にとってもそれは非常に非効率的だったのです。

そしてたどり着いたのが、インターネット上で、お客様が必要な条件を決める際に、私が会社設立の際に説明している要点をまとめて表示をし、それを参考に入力をしていけば会社設立の定款から申請書類まですべて無料作成できるシステム、この会社設立サポーターです。 これにより、自分で行うと逆に高くついてしまう電子定款認証を除き、すべて無料にすることは起業家の方の一助となったのではないかとおもいます。 またこのシステムを導入することにより、お客様へのメリットも大きく増加したと感じております。

定款などの会社設立申請書類の作成がいつでもできる 今までですと専門家の方との打合せ時間をすり合わせることが必要だったり、夜になり専門家の営業時間が過ぎてしまうとなにもできない状況でした。しかしこのインターネットサイト会社設立サポーターは基本的に24時間いつでも利用することができます。今お勤めの仕事が終わった夜遅い時間であっても、また週末であっても、インターネットを使う環境さえあれば会社設立の必要事項を入力することができ、さらにプリンターがあればいつでも届出をする直前の状態まで作成することができるようになりました。

会社設立の予行練習として定款を作れる 通常であれば会社設立をしようと思い立っても、定款などの作成を専門家に頼んでしまうと料金が発生してしまうので、最後に定款をつくるというのが一般的です。しかし、本来は会社設立をしようと思ったときから定款のドラフトを作り、共同出資者や取締役・従業員となってもらう方々と話を詰めていく必要があるのではないでしょうか。会社設立サポーターは定款の作成が無料です。起業という選択肢があるのであれば、当サイトで、ためしに定款をいただくこということでより意義のある設立準備ができることと思います。

不要な他の契約をしなくても済む 宣伝文句として「会社設立が無料」と言っても、実際には顧問契約や電話回線の契約などが条件となっているところも少なくありません。またそれらは一般的には長期継続される性質のものが多く、会社設立後に長期的な支払が発生してしまうことがあります。また、顧問など重要な仕事を実質的に自分で選ぶことができないという状況になってしまうのはどうなのでしょうか。そのようなリスクを回避できるという点もこのサイトの特徴となっています。

今回、会社設立サポーターの基本使用料を無料にし、日本の起業家をサポートするという趣旨に賛同していただいた多くの方からご協力をいただくことができました。このサイトのビジネスモデルについては早稲田大学商学研究科MBAのクラスでITと経営に関しての研究をされている根来龍之教授から多くのアドバイスをいただくことができ、当社の経営顧問をしていただいております。またマイクロソフト様におかれては当社をネットワークパートナーとして迎えていただき、IT関係で起業を志されている方のために、マイクロソフトの開発環境ソフトを3年間無料でご提供いただきました。当社自体も多くの方にサポートされてここに至っています。皆様のお力添えを受け、この会社設立サポーターが多くの起業される方の助けになるよう努力してまいります。

Source: http://www.office-yuka.com/



 当司法書士事務所は、電子定款、オンライン登記申請に完全対応しております。これらを利用することにより、ご本人で申請する場合よりも、司法書士に依頼した方が費用的にもかなりお得に登記が申請できるという現象が起こっています。ちょっと不思議な気がすると思いますが、仕組みは次の通りです。

 まず、会社設立登記に必要な費用をみてましょう。 

 本人申請の場合、安く見積もっても、おおよそ株式会社の場合で最低26万円〜、合同会社の場合で最低12万円〜ほどかかる計算になります。

 しかし、電子定款・オンライン登記申請を利用することによって�@定款印紙代�A会社謄本代に大幅な違いが生じてきます。

 株式会社、合同会社ともにその差額はなんと40,100円です!!この差額を司法書士の報酬に充てると、ご自身で登記申請を行った場合と比べてかなりお得に会社の設立登記ができるというわけです。 もちろん、登記手続きに費やす時間と労力は、比べものにならないほど、カットできます。公証役場や法務局に出向く必要はありません。すべて司法書士が代行します。『時は金なり』です。結果的に、差額以上の利益が得られることでしょう。

 登記申請はご本人で申請することも可能です。しかし、本を買って調べたり、法務局に行って相談したり、書類をつくったりと、かなりの時間と労力が必要になります。こういっては大変失礼ですが、ご自身で設立した会社の中には、会社の実態と内部機関がちぐはぐでうまく機能していなかったり、将来のことを見据えて定款作成や組織形態の決定を行っていなかったため、このままでは経営上大きな支障が生じかねないという会社も多く見られます。結果、定款を見直したり、登記を申請しなおしたりと余計なコストがかかってしまいます。

 そして、電子定款やオンライン登記申請をご自分で行うことも可能ですが、電子証明書を取得したりソフトを購入したりと、事前準備にかなりの費用と手間がかかってしまいます。 一度の設立登記では、もとはとれないのです。

 登記に使う時間と労力があるならば、ご自身の事業にもっと力を注いでいただきたいと思います。登記は、あなたでなくてもできます。ですが、これから生まれる会社は、あなたしか大きくすることはできないのです。 設立登記は、司法書士におまかせください!もちろん、電子定款、オンライン登記申請をお忘れなく!!

Source: http://www.seturitu-s.com/

Leave a Replay

Submit Message