屋号で会社運営なら合同会社が会社設立手続に最適!設立費用総額6万!

合同 会社 設立 後

合同会社設立をご希望のお客様に対し税理士が起業プランから事業(経営)計画、収支計画、節税、融資に関するアドバイスをさせていただきます。

また、合同会社設立パックについて詳しい内容をご説明させていただきます。設立後の税務顧問、経理業務を弊社にお任せいただくことで 設立代行サービスの手数料を格安の500円で提供させていただいております。 低価格でも経験豊富なスタッフが業務を行いますのでご安心下さい。

無理な勧誘などございません。お客様が納得されて初めて弊社とご契約いただきます。

無料カウンセリングでお話させていただくのは主に以下のとおりです。

Source: http://kigyo.office-ichikawa.com/llc.html



動画を見ます 合同 会社 設立 後

屋号で会社運営なら合同会社が会社設立手続に最適!設立費用総額6万!

詳細について 合同 会社 設立 後

合同会社(LLC)は一人で起業する場合に最適!

合同会社(LLC)は、2006年5月から設立できるようになった、新しい会社組織です。

株式会社と比較しても設立費用が半分以下で済む上に、設立後は柔軟な経営ができます。

当事務所にご依頼いただいた場合、最短で2日、平均的なお客様で約4日で登記申請できます。

合同会社(LLC)の設立に関するご相談はこちら

設立の流れ以外で、よくある質問についてはこちらを参照ください。 会社設立代行センターによくある質問

合同会社(LLC)のメリット

株式会社と比較して合同会社(LLC)には以下のようなメリットがあります。

1.設立費用が安い!

株式会社を設立する時は、法定費用だけで24万円必要ですが、合同会社の場合は「登録免許税6万円」と「定款の印紙4万円」の合計10万円のみです。

さらに!定款を当事務所で、電子定款として作成すれば収入印紙4万円が不要なので、法定費用は6万円のみです。

2.役員の任期が無期限

株式会社では、取締役の任期は2年、定款で定めても最大10年なので、そのたびに役員変更の手続をする必要があり、面倒な上にお金がかかります。

しかし、合同会社では任期が定められていないので、手続も不要ですし、お金もかかりません。

小規模な会社であれば、大きなメリットになります。

3.決算公告義務が無い!

株式会社では毎年の決算内容を官報などで発表する義務があります。

社長様の中には自分の会社の決算を公にしたくないという方も多いのではないでしょうか?しかも公告には費用がかかります。

しかし、合同会社には公告義務がありません。

4.会社の運営、意思決定が簡単!

株式会社では、会社の重要な意思決定を行う場合は、取締役会や株主総会を開く必要があります。

内容を残すためにも議事録を作成する手間もあります。

しかし、合同会社では、会社の意思決定を出資者同士の話し合いのみで決定することもできます。

株式会社と合同会社の比較

この様に合同会社は、株式会社と比べて設立費用を大きく抑えることができます。その代わりに、知名度がとても低く、お客さんに名刺を渡しても「合同会社って何ですか?」と聞かれることも珍しくありません。

会計については、株式会社と全く同じなので、株式会社でできる節税テクニックはそのまま使えます。

合同会社は、どんな人におすすめ?

合同会社は、まだ知名度が高くありません。しかし、税金関係は株式会社と同じですし、法律上の法人であることも全く同じです。

そこで当事務所が、合同会社をおすすめするのは、

Source: http://www.zeirishi-tokyo.jp/kaisha-setsuritu/pack_llc.html

Leave a Replay

Submit Message