合同会社設立 電子定款 事業年度 決算

合同 会社 設立 電子 定款

合同会社設立登記プラン

合同会社設立登記により法人格が取得できます。会社の中でも設立費用が安く、有限会社のような小規模な会社設計にむいている合同会社は、今後最もスタンダードな形態になりつつあります。唯一のデメリットである知名度も大手企業が設立し、増えてきたことにより解消されています。

一般的に使われている会社は「法人」として人である「自然人」と同じように物品を法人名義で購入したり、預金口座の開設ができ取引の主体となることができます。この法人が出来上がる時期が合同会社設立登記の申請時です。

合同会社設立登記により合同会社は出来上がります。 合同会社は株式会社のように責任は有限責任にもかかわらず メリットは ①設立費用が株式会社より15万円程安い! ②利益配分が自由に決定できる! ③役員の任期がないです! ④決算公告不要!

デメリットは ①知名度が低い ②重要事項を決議するには持分を持つものの全員の同意が必要(役員が対立すると厄介)

結論 旧法の有限会社や一人会社を設立する場合は合同会社が向いています!

合同会社設立登記を自分で、、他業者が会社設立を安くできる理由

この合同会社設立に必ず必要な設立手続きは合同会社登記申請権限のある司法書士の専門分野です。

ネットで検索すると9800円で会社設立可能!だったり税務についてのサポートも万全な設立価格0円!などを拝見することがあります。

そのため、合同会社設立登記は行政書士や税理士、会社設立のサポート会社に依頼すると、最後の最後になって「登記申請書は自分で提出して下さい。」と言われ、その日に法務局に赴いて登記申請書を自分で提出しなければなりません。 思い入れのある設立日(合同会社設立登記申請した日)になる難しい合同会社設立登記手続きをご本人様にさせるのは全く意味がありません。

そして、行政書士は高い報酬で合同会社の定款作成、認証のみの業務、税理士等はその後高い顧問料契約を結ぶことを前提とした合同会社設立の強制顧問契約をします※提携の司法書士に依頼して株式会社設立登記を依頼して税理士が最初はマイナスになっても後に顧問契約代金で回収できるためです。

合同会社設立のための株式会社は、ただの仲介屋ですのでその仲介料・システム料金を取るだけです。 税理士、行政書士、サポート会社が設立時を安価で請負い、自動的に発生する顧問料を月額2万円と考えましても、創業後は年間あたり24万円が必要ということになります。

創業後のランニングコストを考えるのは会社を作った後でも十分に対応可能です。 しかし、当司法書士事務所は上記定款認証のみもオンラインでできますし、高額な顧問契約を設立時の契約で入れることは絶対にいたしません。

上記のような完全サポートできていない他業種、他士業の現状を打破するために、当司法書士事務所は、コストカットを実現しつつ、高品質で強い合同会社設立お手続きをご提供します。

一番厄介な株式会社設立登記の書面作成や申請書の作成、法務局への申請をお客様に法務局にいかせてまかせる。ご自身で株式会社設立登記ができる方には、当司法書士事務所も定款認証プランがございます。

合同会社設立登記の費用(完全代行の場合)実質11,800円しか代行費がかからない!

(事例) 板橋区で発起設立により、資本金1,000万円以下の合同会社を設立したい方で(許認可なし)、 登記完了後、登記事項証明書・印鑑証明書を各1通ずつ取得した場合 。

<ご自身でされた場合 紙ベース定款>

◆項目 ◆報酬(税別) ◆登録免許税等 合同会社設立登記 0円 60,000円 定款作成 0円 40,000円 定款認証・謄本手数料 0円 0円 会社登記事項証明書収集 0円 600円 印鑑証明書収集 0円 500円 - - 郵送料・交通費 合計 ①0円 ②101,100円 概算合計 ①+② =101,100円 +時間、労力がかかる。(公証役場にFAX、2回出向く。法務局に5回ほど向く。その他書類作成および費用などの出費。修正が必要な場合は回数が変わります。)

<会社設立完全代行ネットテラス「司法書士行政書士みなづき」完全代理>

◆項目 ◆報酬(税別) ◆登録免許税等 株式会社設立登記 35,000円 (インターネット 10,000円割引) 60,000円 電子定款作成 9,800円 印紙代40,000円削減 電子定款認証・謄本手数料 7,000円 (定款作成セット 2800円割引) 0円 会社登記事項証明書収集 0円 600円 印鑑証明書収集 0円 500円 - - 郵送料・交通費 会社設立後の強制顧問 なし 月々20,000ほどのランニングコストなし 合計 ①51,800 ②61,100円 概算合計 ①+② =112,900円 株式会社よりも10万円以上もお得に合同会社ができます。しかも完全代行なのに実質11800円で完全代理が可能、しかも初期費用のみで会社経費計上可能。

印紙代を削減するため合同会社電子定款をご自身で作成しようとすると、最初に約7万円のお金が必要となりますので、紙ベースの定款にて報酬表を作成しています。

そこで、司法書士行政書士である当事務所に合同会社電子定款の作成から合同会社登記申請まで完全代理を依頼することをお勧めします。合同会社の電子定款の作成・認証代行だけご希望の方でも司法書士行政書士当事務所に依頼する方が費用を削減、手間を省力できるからです。

合同会社設立登記プランの流れ

Source: http://e-teikan.org/



動画を見ます 合同 会社 設立 電子 定款

法人成り費用は①電子定款認証代5.2万,②KK設立登記印紙代15万(LLC6万)

詳細について 合同 会社 設立 電子 定款

紙の定款には4万円の印紙を貼る必要がありますが、電子定款には必要ありません

トラスティルグループが提供する本サービスは、お客様がWordファイル等で作成された定款を、通常定款認証時に貼らなくてはならない収入印紙、4万円が不要になる電子定款にするサービスです。

本サービスは、お申込みフォームに作成された定款を添付して送信いただいた後は、必要書類とご入金をいただくだけで定款認証の準備が完了するお手軽なサービスです。 その後は、弊社からのご案内のもと、公証役場へ認証済電子定款を取りに行っていただくだけとなります。

電子定款がお手元に届いただけでは、会社の設立登記はできません。 その後議事録、払込証明書、登記すべき事項、登記申請書を作成いただき、管轄法務局へ申請していただくこととなります。

トラスティルにご依頼いただければ、それらの手間は一切不要です! 会社設立実績2,000社以上のトラスティルにご依頼いただければ、完璧な書類内容にてご提供いたします!!

【必ず法務局への登録が必要!】会社代表印を含む印鑑3本セット付

会社設立時には、必ず会社代表印を管轄法務局に登録することとなります。 トラスティルグループに電子定款作成のご依頼をいただくと、代表印を含む、会社設立に際し最も必要となる印鑑3本セット(代表印・銀行印・角印)を、電子定款と併せてご提供いたします。

>>印鑑セットの詳しい内容はこちら

ご存じですか??登録する印鑑にはサイズの規定など注意点がございます。 弊社では規定に合わせた印鑑を確実にお手配いたします。

≪もっと手間をなくしたい方は!≫電子定款作成から登記申請までご依頼の場合は、最大9箇所!にもなる登記申請書類への押印も、登記申請のプロが完全サポートいたします。

>>設立登記までご依頼の場合はこちら

スタンダードコースでも受付完了から最短4営業日の認証が可能となっております。

≪さらに!≫お客さまは、印鑑を発注する手間と時間を節約できます!!

電子定款作成サービスと併せてお申込の場合、印鑑セットを弊社からの書類と一緒にお届けいたしますので、スピーディに会社設立のお手続をしていただくことができます。

1本数万円の物もある中で、当社では柘・黒水牛の2種類からお選びいただく3本セットに限定することにより、定款作成サービスと供に、お客さまによりお手頃な価格でご提供させていただいております。数多くのお客さまから金額の割にかなりきちんとしていて良かったなど、好評のお声をいただいております。

当社からの発送物はもちろん、返送用には郵便局のレターパックを同封いたしますので、時間もお金もロスを最低限に手続ができます。

電子定款はCD-R等に入れることとなっております。 公証役場で認証を受ける際は、CDをご持参いただく必要がございますが、弊社では必要書類とともに電子定款用CDも同封してお届けいたします。 ※おまかせコースまたは合同会社につきましては、既に電子定款が入ったCDをお届けいたします。

トラスティルグループは行政書士・弁護士・税理士・社会保険労務士からなるグループなので、設立後の色々な手続やご相談もリーズナブルかつスピーディにご対応できます!

コース一覧【特急コースを除く全てのコースに印鑑セット付!】株式会社電子定款作成合同会社電子定款作成一般社団・財団法人電子定款作成

一般社団法人・財団法人の定款を電子化してほしいという依頼をよくいただきます。 しかし、一般社団法人・財団法人は元々印紙税が非課税であるため、電子定款にしても 経済的なメリットはありません。弊グループが運営する「一般社団法人・一般財団法人設立センター」では、定款作成・認証から法務局への設立登記までのすべてを代理させていただくコースも設けており、こちらがおすすめです。よくご理解の上で、お申込み下さい。

電子定款とは?

会社を設立するには定款を作成する必要があります。 このとき定款をパソコンでPDFファイルにして、電子署名を付したものが電子定款です。

株式会社設立の場合には、定款を作成した後に公証役場で認証を受ける必要がありますので、作成した電子定款を法務省のオンラインで送信し、最後に公証役場に出向いて認証を受けます。

電子定款のメリット

紙の定款には4万円の印紙を貼る必要がありますが、電子定款には必要ありません!

つまり、会社の設立費用が4万円安くなるのです。

定款の認証にかかる費用(株式会社の場合※)電子定款作成・認証サービス

Source: http://minazuki-law-kaisha.com/kaishasetsuritsu/goudougaishatouki.html

Leave a Replay

Submit Message