合同会社設立 必要書類

合同 会社 設立 代行

合同会社設立 必要書類

詳細について 合同 会社 設立 代行



株式会社設立手続代行

株式会社設立の一連の作業を代行いたします。

会社設立には多くの書類を作成する必要があり、面倒です。 また、会社法施行により、「定款作成」が非常に重要なりました。

当事務所では、お客様の設立する会社に合わせて、柔軟な定款作成を行います。

通常は会社設立を依頼した場合、会社設立してもらってそれで終わりです。

しかし、当事務所ではそれで終わりではありません。 会社設立手続のみではなく、設立後に必要な手続、会計サポート、人を雇う際にしておかなければならない対応など、あなたの起業をトータルサポートいたします。

※行政書士の業務範囲を超えるものについては提携の事務所と連携して業務を行います

自分で手続をした時との費用比較

当事務所に依頼すると電子定款を活用する事で4万円お得!

Source: http://kigyo.office-ichikawa.com/ryokin.html



⇒消費税の税制改正があったため、2期目から課税事業者になってしまう会社が増えています。 1期目は原則として免税ですから、まず考えることは1期目を最長にすることです。 例えば、1月に設立したら12月を決算月にするということです。 そして、2つ目は1期目の前半6カ月間(特定期間)の「売上」か「給与総額」のどちらかを1,000万円以下に抑えることです。 これにより2期目は免税となります。そして3つ目は1期目をあえて短くするという方法もあります。 どれに当てはまるかを相談の上、決めていきます。

⇒1月と7月に源泉所得税の納税。決算月の2カ月後に法人税の支払い。 3つの支払いポイントを把握し、キャッシュ・フローを最適化します。

⇒役員報酬の決め方で節税の大きな部分が決まるため、ここは重要視します。

⇒30万円以下であれば一括で経費にできる特例を利用することで大幅な節税につながります。 この特例の活用方法をお伝えしていきます。

⇒設立費用や設立代行手数料は経費になります。 また、設立の準備にかかった費用等も経費になるため、最善の方法をご提案しております。

人気のあった創業時に使える「中小企業基盤人材確保助成金」「受給資格者創業支援助成金」は、 平成25年3月末に廃止となりました。 代わって新設された「中小企業労働環境向上助成金」では、個別の場合、最大40万円が支給されます。 また創業者に限った「創業補助金」は、最大200万円と狙い目です。 融資においては「新創業融資制度」で最大1500万円が受けられます。 いずれも要件がありますので、詳細をご説明いたします。 (当社提携社労士回答)

創業期は営業から経理まですべて「社長の仕事」です。しかし、経理に時間を割いている暇がない、というのも本音でしょう。 そんな方のために次のサービスをご提供しております。

Source: http://tax-shikin.com/setsuritsu/

Leave a Replay

Submit Message